Worldwide windsurfing information weblog,,,だったブログです(^^)

2007/12/23

Wikipedia - Windsurfing  ウィンド歴史

Wikipadia(ウィキペディア)の英語版で、"windsurfing"を検索したら、相当気合いのはいっている説明文がでてきました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Windsurfing

特にHistoryのところは、かなり詳しく書かれています。

ウィンドサーフィンの生みの親と”言われる”ホイル・シュウァイツアー&ジム・トレイクが設立した Windsurfing International社。自社によるウィンド関連道具の製造/販売とライセンシングを主に行っていたようですが、ライセンスを得ずに販売している他社に対してはかなりアグレッシブに訴訟を提起していたみたいです。

Mistralもシュヴァイツアーに訴えられた企業の一つ。Mistral社がdefenseに用いた素材が、Darby夫妻が1964年に作成したとされる"sailboard"と呼ばれるもの。要は、シュヴァイツァー氏の特許取得以前に、ウィンドサーフィンの原型となるものはあった、という主張です。

Darby氏に関する過去記事
http://wind.ap.teacup.com/soulwindsurfer/110.html
http://wind.ap.teacup.com/soulwindsurfer/64.html

裁判所はこの主張を受け入れ、Mistralは勝訴。これによりライセンス収入を絶たれたWindsurfing International社は最終的にビジネスの閉鎖するに至ったようです。

シュバイツァー氏によるインタビュー記事
http://www.windsurfing-academy.caom/information_bank/history/interview_with_hoyle_schweitzer.asp

以上は、かなり内容をはしょったもので、もっともっと詳しいことが書かれています。これだけで1ヶ月は記事が持ちそう。また、余裕があったら、歴史関連のエピソードを紹介したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

Illustration from US Patent 3,487,800, issued to inventors Jim Drake and Hoyle Schweitzer on January 6, 1970.
ドレーク氏とシュヴァイツアー氏による出願特許図。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ