Worldwide windsurfing information weblog,,,だったブログです(^^)

2008/5/9

PWA Podersdorf, Austria総括 by Andy Chambers  大会・イベント

Boardseeker.comに先日オーストリアのPodersdorfで開催されたPWA freestyleの総評by Andy ‘Bubble’ Chambersがアップされています。

http://www.boardseekermag.com/special_features/PWA-windsurfing/PWA-freestyle-tour-Podersdorf-067.html

クリックすると元のサイズで表示します

PWAでの新しいジャッジシステムでは、従来に比べ、"低く跳びしっかりスライドするような技"よりも"スタイリッシュで爆発力がある技"の方が評価されるとのこと(原文は" NEW format which stipulates that moves have to look more explosive with more style rather than be low and slidey.")。スポックを例にすると、低くしっかりスライドするものよりも、高くダイナミックに見えるもの方が評価がされるということになるかと思われます(KiriがTonkyに敗れた理由もこうした事情があったのかもしれませんね)。 今回の大会では、高さとキレのあるno handed flakaが高得点を貰っていたそうです。Andy曰く、ゴリットのそれはほとんどAir気味にメークしており、他の選手と一線を画していたとのこと。

シャカについても語っています。高さを出す際にとにかく重要なのは「スピードと鋭角でのエッジの入れ("carve super hard ")」だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

決勝のゴリットvsブラウジーニョ。両者ともに"strength and power"を持ち味にしているが、ゴリットのそれにはsmoothさもあり、その点でゴリットが勝利した要因と分析しています。 とにかく新しいジャッジ方式では"strength and power"がキーとのこと。この二人がシーズンを引っ張って行くことになりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
Photos by PWA/Alex Williams , comments by Andy ‘Bubble’ Chambers

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ