ただのバイク馬鹿の備忘録
CDIの線加工した後  日記

前回書いた続き。


CDIの線を加工して、ハンダまでしてますね。
その後にカプラーを付ける訳ですが、その前にNSR50とNS50Rで使っているHRC製のレーシングハーネスの線をチェック。
まずは、NSR50の線。
クリックすると元のサイズで表示します
右上から、青黄・緑。
真ん中が黒白。
右下から、黒黄・黒赤。


次はNS50Rの線。
クリックすると元のサイズで表示します
右上から、青黄・緑。
真ん中が、黒白。
右下から、黒黄・黒赤。



っと言う訳で、同じ配線だと分かりますね。
なので、CDIのカプラーも同じ感じで取り付けます。


出来上がりはこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
向きも違うし、オスの方だから分かり難いかも知れませんが。
この加工でHRCのハーネスに繋げても問題無いと言う事です。


一応このCDIを繋げて両方の車両のエンジンをかけてみました。
問題なくエンジンもかかったので、大丈夫だと思います。
まぁ実走行した訳じゃないんで、何とも言えないですけどねA^^;
っと言うか、エンジンかかったんだから大丈夫!!



最後に全体図。
クリックすると元のサイズで表示します




こんな感じです。
ただ唯一の心残りが…


CDIのカプラーの線がちょっと見た目が汚いんですよね。
もうちょっと考えて付ければ良かった(;・∀・)


まぁもう1回作る様な事があったら、今度は気を付けます。
やっぱ見た目も大事!!



クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
0
タグ: 整備

今日はこんな事  日記

昨日車体は組み上がったのですが…


今日は寒いのは予報されてたし、雨が降るとか言ってたので…
家で引篭もり。



ぼーっとした1日を過ごしていた訳です。
でも、無駄にぼーっとしてられなかったので、こんな事を。


クリックすると元のサイズで表示します
NS50Rは今現在NSR80のCDIを使用しているんですが、どう違うのかを知りたいし使用率はNo.1と言っても可笑しくないPOSH製レーシングCDIスーパーバトル、通称”銀ポッシュ”

これを去年の関東ロード最終戦に参戦しようと考えてたので、その時に使おうと思ってたんですよね。
んで、今年になってから初めてパッケージを開けたんですが。
HRCのレーシングハーネスだとPOSHが出荷した状態だと加工しないと付かないんですよ。
使う車両が限られていれば、ハーネスの方を加工するんですが…
NS50RとNSR50両車両に使うので、CDIの配線を加工しました。
これで、6極カプラーを付ければ使えます。


んで、カプラーを付ける前に折角カシメた線が抜けない様に。
クリックすると元のサイズで表示します
ハンダ付けしました。
これで、接触不良からエンジンがかからなくなったりはしないでしょう。


今度はカプラーに付ける前に配線の色を確認しながら、くっ付けます。
それはまた今度にでも。



クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
0

これから  日記

作業開始。

急がずに、気長にやって行きます。

クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ