劇団東風
Vol.44
第34回公演
「おやすまなさい」



オフィシャルホームページは
こちら↓

http://www.tong-poo.org



あれから  キャストから

もう一年が経つ。あれからっていつからだ?前回の芝居『さよならだけが別れの言葉じゃなくて』からだ。もう一年が経つ。もう経っちゃった。もう秋になっちゃった。アロハも着れなくなっちゃった。物悲しい季節だ。そして芝居の季節だ。にしても秋を通り越して冬になってるのはどういうことだ。季節感も何もあったもんじゃないじゃないか。寒くありませんか。前田です。ご無沙汰していました。皆様、お変わりありませんか?
一年もあると色々、変わるもんだ。ベッキーとか、ベッキーとか。後、ベッキーとか。前田も色々、変わりました。主に生き方が変わりました。今まではいかに心に負担を掛けずに生きるかに重点を置いていたのだが、今はいかに腰に負担を掛けずに生きるかに重点が置かれている。とりあえず腰が痛い。椎間板ヘルニアになっちゃった。無理がきかなくなっちゃった。物悲しい季節だ。ヘルニアとはよく言ったもので正にヘルにニアだ。うまいこと言うな、俺。言ってる場合じゃない。本当に地獄と隣り合わせだ。とりあえず動けない。びっくりするくらい動けない。藁とか神にもすがりたい俺は鍼にすがった。鍼治療である。でーん。びっくりするくらい鍼を打った。2日間で約250本。びっくりするような長さの鍼だった。四寸。まったくぴんとこない長さだが、ブッチャーやシークがテリーやドリーの額や腕をえぐっていたのが五寸の釘だから、これは相当な長さだ。とりあえず、動けるようにはなった。おお、鍼よ。それが夏の始めだ。気づいたら秋になっていた。気づいたら芝居の季
節だ。気づかなきゃよかったと気づいた時には手遅れだった。
俺が作る芝居は割と夏の芝居が多い。これは考えているのが夏だからだ。今回も夏の芝居だ。なのにこの寒さだ。季節感も何もあったもんじゃないじゃないか。しかも登場するのは六割方、中学生だ。ここ数年で平均年齢がグッと上がった現在の当劇団にとってはなかなかな試練だ。試練というのは続くもんで、今回は台本の完成が二週間前であった。この事実だけだと以前のエントリーを読んで頂くと分かるが、試練というほど遅くはない。問題は練習期間が○週間しかないというコンボだ。試練過ぎる。恐ろしい。恐ろし過ぎて伏せ字だ。今、劇団はヘルにニアだ。言ってる場合じゃない。というかヘルそのものだ。おお、神よ。そして、その全ての原因は俺の椎間板ヘルニアにある。大丈夫か?東風。大丈夫か?俺の腰。大丈夫か?ベッキー。このスリリングなドラマの結末は是非、劇場で。よろしくどーぞ。
0

リレーがはじまった!  キャストから

お疲れさまです。早島です。
スマッシュがまだ上手くできません。卓球って全身運動なんですね。

役者で出ます。今までは出たとしても30秒くらいでしたが・・今回はガッチリ出ます。

今まではね、稽古場で小道具作りとかしながらね、稽古を聞いてたり、眺めてたりしてましたが!
いやいやいやいや東風の役者さんてすごいっすよ。動きとかテンポとか、役の掘り下げ方とか。それ以前にみんな仕事の後に深夜まで稽古ですからね。体力がハンパねぇなぁと思って。
芝居の稽古に役者として混ざると改めてすげーなーって思わされます。僕はみんなの背中を頑張って追いかけてるところです。

もうね、早島史上、大量のセリフ量ですからね。みんなに比べたら少ないですけどね笑
頑張ってついていきます!

そんなこんなで今のところの感想でした。

お次は・・誰にまわそうかな・・かなちゃんに!

よろしくー。
0

リレーブログを始めるよ!  キャストから

お疲れさまです!
夏ぶりの林崎です!!
ずっと代表がブログ更新を担ってくれていました…
申し訳ない気持ちでいっぱいです…
そしてありがとうございます!

稽古も佳境の佳境ですが、ここから毎年恒例のリレーブログを開始したいと思います(^o^)

トップバッターは私林崎が務めさせていただきます!
今年はブログを停滞させまくってしまいました広報担当です…
反省…。
代表、稽古の様子を伝えてくださりありがとうございます(>_<)

今年の東風はなんだかこう、かわいいです。
みんな。みんながかわいいです。
演出も固唾をのんで見守ります。
本番まで後一週間、追い込み期間を走り抜けます。
目を!爛々と輝かせながら!
頑張ります!!

さて、次は早島さん。
リレーのバトンを渡します。

『どんどん回していこう』
クリックすると元のサイズで表示します
0

祭だ祭だ  キャストから

お祭り騒ぎだわっしょいわっしょい!
流しそうめんも順調に開催されてます!
みんな楽しく祭ってます。
射的も流しそうめんも、子どもから大人まで大はしゃぎ!
ふっふー!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

夏だサマーだお祭りだ!  キャストから

お久しぶりです!
広報活動サボりすぎて破門されそうな林崎です!
改心して今日のお祭りもとい東風夏のサマーレクレーション in summer2016夏をお届けします!

今年も毎年恒例の行事が開催されてますよー(*^▽^*)
残念ながら小雨のためソフトボール大会は中止となりましたが、焼き肉大会は開催されています。
今回は昨年より更にパワーアップして、のぼりがあがっていますよー。
射的に、ヨーヨー釣りに、流しそうめん!
お祭り騒ぎになっています。

肉、肉、肉!!

祭りはまだまだ始まったばかり。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

ありがとう。  キャストから

あれから、一週間である。月日のたつのは早いものだ。あの衝撃と騒がれたラストのキスシーンさえ記憶から薄れてきている。本当は本番中に楽屋で『やってます』というタイトルで更新しようと思ったのだが、そんな不遜な態度では演劇の女神様に怒られそうなので、やめた。3ステージ終わった後に『おわりました』というタイトルで更新しようとも思ったのだが、もう、何もかも面倒くさくなっていたので、やめた。というか、やはり、あの過剰な更新はストレスの解消だったのだなあと、遠い目になる。しみじみとする。吉永と寺尾のことを思い出すだけでハラワタが煮えくりかえる。まずは公演にいらっしゃったお客様と公演に関わってくれた全ての皆様に感謝したい。本当に、本当にありがとう。サンキューな。愛してまーす。イヤオ(以下、略)
さて、今回の芝居はどうだったのだろうか。吉永と寺尾が思ったほど酷くなくて拍子抜けしたのだろうか。吉永と寺尾が思ったより酷くて気を失っていたのではないだろうか。なんとなくの手応えとしては極めて一部の不評を除いては楽しんでいただけたのではないだろうか。いつも来ていただいた方、全員に満足してもらいたいのであるが、それは実に困難なミッションで誰かに褒められたら誰かに貶されるのが、この道の因果なとこだ。だから大事なのは自分達の満足度なんだが、百%の満足なんて得てしまったら、多分、芝居はやめてしまうだろう。ま、満足しなくても芝居をやめなきゃいけない場合もあるんだが、そういう修羅みたいな道に踏みこんだからにはやれるうちはやるのである。今回の題名『さよならだけが別れの言葉じゃなくて』は、寺山修○の詩『さよならだけが人生ならば』と薬師○ひろ子の歌の一節『さよならは別れの言葉じゃなくて』のフュージョンなのは周知の事実だが、あえて、言うならば『さよならは別れの言葉じゃなくて』の次の一節は『次に会うまでの遠い
約束』である。See you next stage。いつになるかは知れずとも、また、会えたらいいね。じゃあ、また、次の芝居まで。ばいばいきーん。
1

むむむ  キャストから

ただ今開場1時間前。
客席うろうろ、楽屋前うろうろ。

そして椅子に座。

無無無。

バックステージツアーが始まりました。

俺の胃酸もバックステージツアー開催中です。

ふぅ、ふぅ、ふぅ。
無ぅ、無ぅ、無ぅ。

千秋楽です。
体力精神力全て使い果たすように使い果たします。

色々な感情が湧き出てきまする。

トイレに行きまする。
0




AutoPage最新お知らせ