2008/3/17

心が通じるとき  日常

慈しむ。
辞書で調べてみた。
『目下の者や弱い者に愛情を注ぐ。かわいがって大事にする』
とあった。
Cinnajirkylie(小さなかわいらしい宝物)である。

なんの説明もせずに踊ってみた。
無言でどれだけ通じるのだろうか。

そこにいない相手を相手にし、第三者にその状況を見せる。

その心が通じたとき、私の表情と手のムドラ(インド舞踊でいうところの手話のようなもの)から見ている人が感じてくれた。

「ああ、まだ寝てなかったのね」

そう。
もう寝たかな。。そっとしておかなくちゃ。。と去ろうとしたら実は
まだ寝てなくて泣き出した子供のところへ急いで戻るという場面。
見ている人がぽろっとつぶやいてくれた。

嬉しかった。
次もその次もその次の次もそして6/1(日)もそれ以降もがんばって踊ろう。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ