2009/12/18

蓮を思う。。  仕事

嬉しい電話をいただきました。
当初から私を応援してくださった方からの電話でした。

当初の黙々としたレッスンを一人で続けてた頃をご存知の方なので
『すごいね〜、いろいろできるようになったね〜』と今回の舞台のことも喜んでくださっているようでした♪ ああ、なんか、いい『気』に癒された感じです♪ 

『ご縁がご縁をよぶっていうのはこういうことなのね。。』とも。
そうですね、ほんとにそれで私は大好きな踊りを続けさせてもらっています。ありがたいことです。

ここ数日はインドの友人とメールでやりとりをしていました。
ローマ字標記で日本語の文が送られてきてビックリ! なんと日本語学校があり、日本語を学んでいるのだそうです。「テストに合格したよ!」ともかかれていました。
ほんとに継続は力なり で、続けているとおのずと結果というものがついてきます。
彼女の日本語の上達ぶりに、コツコツと続けることの重要さをしみじみ実感したのでありました。

そんな気付きがある一方で、また新たなる試練がきているのも事実。
自分の意に反することをしなければいけないのは苦痛であって、そんなものはやりたくないのが人の心だと思うのですが、それが指示を出す人からの命令であったり強要であったりしてどうしても断れないという状態が続いています。
ストレスがたまって身体によくないのはもちろんですが、これは多かれ少なかれ、生きていくうえで避けられないことであるでしょう。
そんなときに蓮の花を思うのです。
泥水に浸かりながらもきれいな花を咲かせる蓮の花。泥水を 自分に意に反する命令だったり、おかしな指示や状況に置き換えて、それでも 蓮の花のように笑って過ごすことはできるだろうか? と。
多くの人と接する中で確実に「試練のとき」がきているように思います。そしてまた一つ乗り越えたときに、心の財産が増えていくのです。だから、少しだけ努力。そしてリフレッシュです♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ