2009/12/18

蓮を思う。。  仕事

嬉しい電話をいただきました。
当初から私を応援してくださった方からの電話でした。

当初の黙々としたレッスンを一人で続けてた頃をご存知の方なので
『すごいね〜、いろいろできるようになったね〜』と今回の舞台のことも喜んでくださっているようでした♪ ああ、なんか、いい『気』に癒された感じです♪ 

『ご縁がご縁をよぶっていうのはこういうことなのね。。』とも。
そうですね、ほんとにそれで私は大好きな踊りを続けさせてもらっています。ありがたいことです。

ここ数日はインドの友人とメールでやりとりをしていました。
ローマ字標記で日本語の文が送られてきてビックリ! なんと日本語学校があり、日本語を学んでいるのだそうです。「テストに合格したよ!」ともかかれていました。
ほんとに継続は力なり で、続けているとおのずと結果というものがついてきます。
彼女の日本語の上達ぶりに、コツコツと続けることの重要さをしみじみ実感したのでありました。

そんな気付きがある一方で、また新たなる試練がきているのも事実。
自分の意に反することをしなければいけないのは苦痛であって、そんなものはやりたくないのが人の心だと思うのですが、それが指示を出す人からの命令であったり強要であったりしてどうしても断れないという状態が続いています。
ストレスがたまって身体によくないのはもちろんですが、これは多かれ少なかれ、生きていくうえで避けられないことであるでしょう。
そんなときに蓮の花を思うのです。
泥水に浸かりながらもきれいな花を咲かせる蓮の花。泥水を 自分に意に反する命令だったり、おかしな指示や状況に置き換えて、それでも 蓮の花のように笑って過ごすことはできるだろうか? と。
多くの人と接する中で確実に「試練のとき」がきているように思います。そしてまた一つ乗り越えたときに、心の財産が増えていくのです。だから、少しだけ努力。そしてリフレッシュです♪
0

2009/11/19

『個』と『組織』に学ぶ。。  仕事

大好きな印度古典舞踊の活動を『個』で続けています。それを舞台という形に仕上げるにはやはりお手伝いが必要になります。その都度言うことが変わるようないい加減な指示なんてできない。そう、お手伝いに入ってくれる人は的確な指示のもとに力を貸してくれるからです。感謝の極み。ありがたい限り。 『組織』にありがちな「人任せ」や「いいわけ」、「いいかげんな指示」などは『個』で活動する以上は通じない。そんな私が苦手なのはそう、『組織』。最近、また『組織』のいい加減さをどっぷりと目にし、うんざりしていたところへ心洗われるかのようなメールが届きました。お菓子を頂いたのでお礼のメールを送ったのですが、心温まる嬉しいお返事を頂きました。

『誤解を恐れずに言いますが、変な意味じゃなくて、○○(地名)の方々ってなんて言いますか、とってもドライで、もの凄くクールで、所謂、外資系の会社特有の、仕事とプライベートは別! みたいな、どちらかと言うと、冷たい人達? みたいな印象だったのですが、最初から「あれ?この人は、ちょっと違うかな?」って思ってました。で、こうしていつも、お礼のメールを頂いて、こちらこそ本当に、恐縮です。私は、完全なアナログ人間なので、いただいたメールを、いつもニコニコして、読ませていただいております。本当に、いつも、ありがとうございます。』

「人生、楽ありゃ、苦もあるさ」 「いいことと、そうでないことは半分ずつ」 「いいことも悪いことも続くことはない」 こーんな言葉が頭の中をぐるぐると駆け巡っています(笑)

そうだ、そうだ、そうなのだ♪ いやだなあ。。とうんざりしていた組織の中にもこんなにいい人はいるのだ♪ この方だけでなくいつも仕事を横から助けてくれる人もいるし、人と人とのつながりを大切にしている人はいるのだ♪ このメールを頂いて目から鱗。。 棚からボタモチ(牡丹餅)的な気づきに心がリフレッシュ♪ 私の心が曇っていたなあ。。と反省。今度、この方が出張でこちらへ来られることがあったら、メールだけではなくきちんと挨拶に行こう♪ 
そんなふうに思った1日なのでありました。 すべてに感謝♪ 

クリックすると元のサイズで表示します
ほぐし絵画家 木崎久枝さんの作品
0

2009/4/30

『適当』に。。  仕事

『適当でいいからお願いするね』
仕事でも頼まれごとでもこんな指示(言いかた)をされたことって誰にでも1回はあるはず。
さて、このように言われたらどう反応、対応します??
私の場合は。。ふっふっふ。『好きなようにやらせてもらえるんだ♪』とまずは喜んでしまいます。だって自分で段取りを組んで進められるんですもの♪ そしてやっていくうちに確認しないといけないことが出てきたら質問して進めていくというやり方でお引き受けするのがほとんどです。

私は舞台やイベントに出演するときにはヘルプが必要になってくるので事前にその旨をお伝えし、スタッフとしてお手伝いに入ってもらうことが多々あるのですが、過去の経験から
『適当でいいからお願い』
という指示の仕方は初めてお手伝いに入ってくださる方や、極度に緊張しやすい方には避けるように心がけている。

数年前の野外での舞台のことだ。
時間が押し迫ってきたこともあり、時間を有効に使いたかったので何気にお願いした。何度も舞台を見知ってる人だったからだ。
『ごめんね、この布をステージの右端手前に適当にひいて、上に飾ってくれる?』
そう、ほんとに適当でよかったのだ。適当にひいておいてくれたらそれでよかったのだが、なんと、予想もしない反応が返ってきた。
『えっ?! えっ?! えっ?!』
明らかに困惑し、うろたえ、パニックに陥る寸前であった。
事前リハで私が動くスペースはすでに伝えてある。そのじゃまにならない範囲で適当に布をひいてくれれば良かったのだが、
『ええっ?! 角度は?! どうやって?! どうやって?!』と対応できなくなり、彼女には休んでもらい自分でセッティングをした経験がある。

それから意識をして見るようになったのだが、案外、この『適当』という言葉に困惑し、うろたえる人が多いということに気付いた。
会社の経営を任されて『適当に』と言われたら困惑するのももっともだが、小さなことで困惑する人が多いのだ。
『これ、適当に配ってくれる?』
渡された人はやっぱり『えっ?! えっ?! えっ?!』となっている。

『適当に』という指示やお願いは多くの人にとって一番むつかしい指示にあたるのかもしれないと思った。
指示を与えるものとして反省すべき点である。

今、メインでスタッフとしてお願いしてるDEVIたちはそんな私の「適当の範囲」をよく理解してくれている。詳しく言えば私が「絶対に適当で済ませない部分」を知ってくれているということだ。

だからついついお願いしてしまうのである。
『ごめん、それ、適当に二人で相談してやってくれるか?』

ありがとう、いつも感謝しています♪ 


クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/2/14

コーヒーの香りとMY水筒のススメ。  仕事

週末のお仕事はとにかく量があるので、正確にデータチェックを行わないといけないので集中力が途絶え出すお昼すぎには、かなりぐったり。。(笑)
そんなわけで、気持ちをピシッと入れ替えるのに必要なのがコーヒーなのです♪
もっと特別なものかと思いました?
いえいえ、コーヒーってすごいんですよ♪
私はコーヒーが大好きで日に何杯も取るので、ホストハーベストされていないものを家でいれてMY水筒にいつも持ち歩いています。

ちょうど2時をまわって疲れもじわじわとで出すころ、MY水筒のコーヒーをカップにいれたら隣りで働いてる人が手を止めて
「それ、コーヒーですか? すごいいい香りがして、疲れてたのがしゃんってしました。MY水筒に持ってきたはるんですね、すごくいいアイデア、この時間、コーヒー欲しくなりますものね。。」
って。。

ふふ♪ そしてその後、水筒にいれてもってこようかどうか考えておられました。
MY水筒、ひろがるといいなあ♪ 
仕事の手をとめてひとときの「ホッ」にちょっと気分も癒されました♪

あまいものがあるとさらに嬉し★なんですけど、そんなこと許されるはずもなく。。明日もがんばる私なのでした(笑)


0

2009/2/11

達成感とストレス  仕事

どうも。。今の職場になってから体調が優れないことが多くなったような気がします。。

先日、お昼を取っていて出た話しに妙に納得してしまい、私の体調不調の原因はこれだ! と確信してしまいました。。(笑)

実際に昔あった拷問だそうで。。
『3メートルの穴を掘れ!』と指示をあたえ、3メートル掘り終えると今度は
『じゃ、その穴を元通り埋めろ!』と指示を出し、これを延々と繰り返し繰り返し強いるのだそうです。
人間は『ムダだ』と思うことを繰りかえし強いられることによって多大な苦痛とストレスを感じるのだそうです。
達成感を与えないというこの延々『無駄』の繰り返しは思考を止めてしまうのだそうです。

まさに今の職場かもしれないなあ。。と納得してしまったのでありました(笑)
今の職場は無駄が多すぎて。。一番の苦痛は紙資源の『ムダ』でしょうか。続いて『時間のムダ』。もっと「もったいない」という気持ちを持っていただきたいものです。
幸い、私はインド舞踊をやっているので職場だけの生活でないのが救いであります。
こんな時代だからこういったストレスを抱えて職場に通ってる方も多いと思います。
汗をかくというのはそんな身体や心に溜まった毒素を外に出すことになるようで踊ったあとはとても気持ちがいいです。

しかし。。ちょいと毒素が溜まりすぎていたようで。。。(苦笑)
身体からのサインは『休息して!!』っていうもの。。 菜食を心がけると身体の異変に敏感に気付くようになります。うーん、風邪をひきかけているようで。。 身体の声にしたがって今夜は早めに床につきます♪ 身体を休めるのもこの時代を生きていくためのお仕事ですよ♪ ねっ♪


0

2009/1/31

月末。。1月の終りに。。  仕事

週末もお仕事です。
実質、お休みなしで働いているとしんどいのですけど、疲れにもいろいろあるんですよね。。しみじみ。

私は基本、動いているのが好きな体質です。
ひまでひまでなんにもすることがないほうが苦痛なのです。
平日のお仕事はどちらかといえば、自分で段取りがくめず、ぼーっとしてる方が多いかもしれません。
だから時間が長く長く、延々長く感じられるのです。

しかし週末のお仕事は事務所そのものが忙しくバタバタとしています。
なんだか、ひさしぶりに『働いてる!』と実感しています(笑)
仕事量があるので『仕事したぁ〜』って実感できるし、同じ疲れでも質が違うのですよね。また、きちんとこなした分『明日もよろしくお願いしますよ』っていう言葉もいただけるからすごくありがたい。。

天地ほどの差がある二つのお仕事。。
私はやっぱりどれだけ忙しくても充実感のあるほうがいいな♪
それに。。「お願いしますよ」っていう言葉で人間、がんばれる♪
魔法の言葉ですよね♪
0

2009/1/25

『ムダ』ってなあに?  仕事

お稽古しつつ、派遣でいろんな企業で働いています。
いろんな企業で働いていると 何が正しいのか なんてその行った先々で天と地の差があるのでいやでも対応能力が必要になってきます。

ムダを無くして利益が出るのが一番。行き過ぎた経費削減は考えものですがやはりその姿勢のもとに動いている企業で働くのが一番お仕事がしやすいし楽しいですね。
その点、役所というのはやはり『異空間』に思えます。
『人』が根本的に違うのですよね。
私から見たらムダだと思われることがいっぱい。でも、彼らにとってはムダでなくそれが立派なお仕事。
『もったいない』と思わない日は一日もありません。
それは『時間のムダ』であったり、『資源のムダ』であったり、『人員のムダ』であったり感じるところは多々あります。

ムダをなくそう と叫ばれているこのごろですが、それ以前に『なにがムダなのか』を見極める目を持つことが第一の課題。

私が舞台を作る時(といってもミニミニの小さな舞台ですが) 人員は必要最低限しか置きません。ですが、その人の能力をめいいっぱい使わせてもらっています(俗に言う、『人使いが荒い』私でございます。。(恐縮))
でも、役割をきちんと決めて割り振りしているので、自分の役割を理解してよく動いてくれて逆に教わることも多々あります。

案外、企業って役割がきちんと掲示できてないところが多いように思います。
「決まりごと」をきちんと作っておのおのの役割と分担を決めるだけで仕事の効率や能率は
ぐぐぐっとあがるような気がします。
だって。。人間って本来、気持ちよく働きたいものですもの。案外、そのことに気付いてない人が指示にあたることが多いのが事実です。気持ちよく働かせてあげるだけで企業レベルもぐぐぐっと上がるような気がします。不景気な世の中だからせめて気持ちよく働ける環境に気遣いたいものです。
ねっ♪

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/6/25

リズム  仕事

職場で気付いたことがあるのです。
人間って気付いているのかいないのか、それぞれのリズムに基づいて行動してるんですよね。私にとって大発見でした。

朝起きて一番にすることは人それぞれに違うはず。順番がおぼろげにでも決まっているのではないでしょうか? 

仕事はその順番をキープしながら進めると仕事がしやすくなるんですよね。もちろんいろんな方々との共同作業になるので100%はキープはできないですが。でもこのリズム。重要です。
狂うと何をしているのか仕事そのものが見えなくなってしまう危険性があります。 
私は今、補助的なお仕事をしているので、指示する人の状況に合わせて仕事があったりなかったりとかなり波があり、そんな中からふと思ったのでありました。

自分の中で始まりと終りを明確にするのは仕事に限ったことではないな。。と思いました。6月はいろいろ厳しい気付きがある一ヶ月となりそうです。振り返ったときにこの6月が「成長のとき」だったと思えるようになれていたらいいな♪



0

2008/4/1

芸術の女神  仕事

4月1日。
企業では新しい期が始まるところが多いですよね。
それにあわせてではないのですが、新しい派遣先でのスタートが始まりました。

不思議なことに日本舞踊をされていた方、フラメンコギターを弾く方、芸に携わる方がおられる事務所での就業となり、これも「縁」だな。。と感じております。

今日はお昼にBGMでフラメンコギターの音色が流れてきて。。
思わず、胸が熱くなってしまいました。
芸術の『気』が流れるのを感じるのはいいな♪ 心が喜ぶな♪
そんなわけで技芸の女神に感謝♪
クリックすると元のサイズで表示します
(画像はお借りしています)
0

2007/11/10

日本語の理解  仕事

コンサルティングチームの方とお仕事。。 知識があり、英語も堪能。見た目にも頭がいい という感じ。
けれど。。 話が通じないのである。同じ日本語を話してると思えないくらいに会話がなりたたない。マクロについての説明を始めたコンサル。
その説明を聞き終えて私は質問した。
「そのことは(手順書に)書きますか?」
答えとしては「書く」のか「書かない」のか2つに1つのどちらかだ。そのどちらかを待っていたのだが返答は予想もしないものだった。
「書き方は決めてません。私が言ったとおりに書くのであれば、私がしたほうが早いですしこれはあなたの仕事だと思います」

コンサルチームと働く上で往々にしてこういうことがある。実際に運用側で働く私は机上論的な返答に納得はできない。しかし、彼らも運用側の具体的なところまでを想定はしていない。コンサルの器量もこういうところに現れる。職場やどんな場においても結局は『人』というのを理解してるのかしてないのか 器量はそういうところに見え隠れするんですよね。。実感。 

そんなころ、ある1通のメールが。。
タージマハールのカレーがおいしいという内容のメール(笑) カレーでパワーチャージしないとって思いました(笑) インドで食べたカレー。ターリーによそってもらって(上) そして食べてます(下) インド料理は手で食べるのが一番おいしい☆

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ