2006/4/30

4月30日の公園  お散歩カメラ

      クリックすると元のサイズで表示します

 
0

2006/4/30

職場復帰1ヶ月 退院後8ヶ月前後の様子  闘病の記録「骨髄移植編」

 仕事に復帰して1ヶ月たちました。
 通院で2日休み、少し疲れたため半日休みました。先輩の患者さんの「疲れをとにかくためないこと。疲れはその日のうちにとること。」という助言を実行しました。
 
 体調はまあまあでしょうか。新しい症状としては、耳鳴りが起きました。しばらく様子をみていたのですが、改善せず、近くの耳鼻科を受診しました。普段通院している病院以外に行くときは、白血病のため骨髄移植をしたこと、免疫抑制剤を使用していることは伝えなければなりません。なかなか言いにくいのですが、ていねいに問診表の説明をしてくれる受付の方でしたので助かりました。
 突発性難聴や中耳炎を疑われたのですが、聴力に異常はなく、浸出液が鼓膜の近辺にたまっていたようです。炎症もないので、点耳薬を処方されました。数日で軽快しました。仕事で長時間、頻回の電話対応が多く、その影響もあったかもしれません。

 血液検査は赤血球が300万と少し低いほかは正常です。免疫抑制剤が一日0.5mgに減りました。

 一日の仕事が終わりますと、時々帰り道なんともいえぬ幸福感に満たされます。どのくらい職場で役立っているかはわかりませんが、一日何とか仕事ができた、一日無事終えたそんな喜びに満たされます。 
 こんな思いは今までの25年間の仕事ではなかなか味わえないものでした。(化学療法時の一旦職場復帰した際も感じましたが)
 ヒトが持っている時間の感覚は一日単位が自然なのかもしれません。つい先のことを考えますが、それはそれとして考え、今日を大切にしなくてはいけません。


0

2006/4/18

さよなら テレ枡さん  毎日父さん

 このブログにリンクしています「病院出たり 入ったり」のテレ枡さんが天に召されました。
 
 私とほぼ同時期にブログを始め、仲間であり、戦友でもあり、時にはライバルでもありました。毎日父さん「白血病日記」を冒頭でずっと紹介してくれ、私の闘病や職場復帰の支えでもありました。

 彼の果たせなかった夢や思いを私なりに受けついでいきたいと思います。
 
 テレ枡さん ゆっくりおやすみください。

続きを読む
0

2006/4/16

「移植患者さんと医療者の集い」がありました。  闘病の記録「骨髄移植編」

 昨日(15日)「移植患者さんと医療者の集い」が移植した病院で行われました。
患者さん45人をはじめ、家族、医療スタッフなどで、総勢98人という大きな集まりになりました。19年前に移植を受けられた患者さんも出席されていました。私は2番目に「若い」移植患者です。生後10ヶ月ですから。

 会は黙祷で始まりました。この間多くの仲間を失ったことは確かです。でも、その皆さんのおかげで今の私たちがあると感じました。

 骨髄移植医療の経過等の報告の後、患者さんたちのお話、医療スタッフのお話、会食、歓談とうつっていきました。

 多くの患者さんや医療スタッフのお話はここで書ききれるものではありません。その全てに感銘し、その全てがすばらしいものでした。口の渇きと反対に涙腺がゆるくなってしまった私は涙をこらえるのに苦労しました。

 あらためて、患者さん、家族、医療者、ドナーの方など皆さんの、目には見えない力が命をつなぎ、勇気を与えるのだと感じました。
1

2006/4/8

4月1日の公園  お散歩カメラ

      
     クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/4/8

我が家? ではありません  お散歩カメラ

   クリックすると元のサイズで表示します


   
0

2006/4/8

4月8日の公園  お散歩カメラ

     
      クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/4/8

職場復帰 1週間  闘病の記録「骨髄移植編」

 職場に復帰して1週間とりあえず出勤しました。
 予想以上に忙しかったのですが、戸惑いながらも何とかしのぎました。
 まあ、ぼちぼちという所でしょうか。

職場復帰をいつ頃できるか迷いました。冬や夏はやはりきついのではと思い、春か秋を考えましたが、昨年の秋から今年の2月までは主治医の許可がでません。ということで、4月からということにしたのですが忙しい時だったようです。

 感染に気をつけないといけないので、通勤途上でもうがいをし、職場でもうがい薬を用意しました。唾液腺の働きが十分でないので、すぐに口の中が乾きます。ペットボトルのお茶は欠かせません。
 
 食事は外食の許可は出ていますが、のんびりとぶらぶらはあまりできませんので、市販の弁当が多いです。職場の仕出し弁当は避けています。

 疲れ方は今のところ緊張のためか、それほどではありません。
 一日は短く、1週間終わると、長く感じます。このような時間の感じ方をしている時は充実しているのでしょうか。
 
 
0

2006/4/5

みなさん ありがとう  毎日父さん

 たくさんの励ましのコメントありがとうございます。

 みなさんの励ましに毎日父さんはトイレで一人泣いてしまいました。
 
 仕事は忙しく、楽しいような、適度な緊張もあります。
 仕事もブロクもすこしづつしていきたいと思います。
 
 
0

2006/4/3

今日から職場復帰です  闘病の記録「骨髄移植編」

 発病から、2年あまり、そして骨髄移植から10ヶ月。ようやく今日から職場復帰です。無事一日が終りました。以前、一旦職場復帰したといっても、その時は化学療法の時で、その後の骨髄移植で体力・免疫力などは少し落ちていると思います。

 また、正直なところ、再発・感染症・GVHD・体力の低下・仕事のブランクなど心配なことはたくさんあります。どこまで、続けられるかは不安でもあります。でも、できることをやるしかありません。

 ふと「断酒会」というアルコール依存症の人達の集まりでの言葉を思い出します。「日々断酒」です。何十年酒をやめていても、一滴飲んだらそれで終わりです。日々新しい気持ちで断酒していかなくてはいけません。そんな人達のやさしくて、きびしいそんな姿を思い出します。
 それを見習って、日々一日を大事にしていきたいと思います。

「頑張らず、無理せず、あきらめず」も大切にしたいと思います。「頑張りたくても頑張れないし、無理したくても身体が動かないし、そう簡単に人は死ねないのであきらめない。」のが本音ですが。

 ドナーの方や骨髄バンク、主治医の先生や看護師さん・他の医療スタッフ、友人・仲間・職場の皆さん、親戚・家族とりわけ妻や子供に、みんなに感謝です。(アカデミー賞の授賞式の挨拶みたいになってしまった。)

 ブログを読んで支えていただいている皆さんにも「ありがとうございます。」と。
でも、このブログ終わりではありません。ただ、アップの頻度が少し減ると思います。まあそれだけ無事に生活してそうだと思って、今後も時々覗いてみてください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ