お知らせです。 AutopPageのブログサービスの終了により引っ越します。  https://blog.goo.ne.jp/tousan          毎日父さん「白血病日記」  「お気に入りに」などに登録の方は変更してくださいね。

2006/6/30

移植後1年 職場復帰3ヶ月 退院後10ヶ月  闘病の記録「骨髄移植編」

 骨髄バンクとの誓約もあり、詳しい骨髄移植の月日については書けませんが、骨髄移植後1年が過ぎました。
 
 この間、短かったのか、長かったのかはわかりません。とにかく、無事1年過ごせたということです。

 体調はここ1ヶ月ほどあまり芳しくなく、仕事も休むことが何日かありました。倦怠感・息切れ・ふらつきなど発病当時の症状に悩まされました。また、目・鼻・口腔内・皮膚などの症状にも悩まされました。身体が思うように動かず、横にならざるを得ないという日が続きました。「再発か」と思い、予約外の受診をしましたが、診察・検査の結果は特に、異常ありません。通常の外来診察でも異常ありませんでした。

 このような調子の悪い時はあまりいいことは考えられません。「何故こんな病気になったのか。何か悪いことをしたのか」「しんどいのに何故異常がないのか」「それとも気分的なものなのか」「体力をつけ、体調を整えて職場復帰したのに、これでは退院の時の状態といっしょではないか」「どこかまちがっていたのか」などなど、自責的な問いになります。答えを探しますが、答えはでません。

 でも、少し、体調がもどってきました。そうすると、同じ事実であっても、捉え方が変わってきます。「退院の時の状態といっしょではないか」は「入院するような状態ではない。少なくても、家に居られるではないか。」に変わります。「入院していない」という事実であっても、その見方が変わってきます。

 回復は右肩上がりの直線グラフのような形を想像しますが、実際は波のように、上下に変動しながら、徐々に回復していくのでしょう。結果として、少しよくなったのかなと感じられるのではないでしょうか。

 ようやく、1年過ごせました。そこで少し遅くなりましたが、あらためて、ドナーの方に感謝いたします。そして、先生方・看護師さん・その他の医療者の方々・仲間や友人・ブログの読者の方々・家族などみんなに「ありがとうございました」と感謝いたします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ