2009/7/26

国立がんセンターが「患者必携」試作版を公開  患者学入門

 国立がんセンターがん対策情報センター作の冊子群「患者必携」の試作版が完成した。
 その内容紹介と、全国の患者や家族、支援者からの意見を収集する第一歩として7月11日、同センター内にある国際研究交流会館で市民向け講演会「がんになったら手にとるガイド〜がん『患者必携』〜」が開催された。北海道から大分まで18カ所の会場とテレビ会議システムで中継を結び、全国から600人余りが参加。

「がんナビ」記事より
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/090721_1.html
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ