2011/4/17

困難を克服する技術  

 今日の朝のNHKのニュースで、東日本大震災の被災地で今まであまり注目されなかった中小企業の技術が役立っているとの報道がありました。移動式の太陽光発電、小型風力発電、防災倉庫をかねた仮設トイレが紹介されていました。

 かつて戦争は技術を進歩させるといわれてきました。例えば、自動車や飛行機、最近のインターネットももともとは軍事技術でした。殺戮のための技術でもあるとともに、自らが生き残るための技術であったと思います。
 
 ですから、技術は人々の生存を脅かす困難な状況にこそ大きく進歩するように思います。今必要なのは人を傷つける軍事技術ではなく、人の生存を可能にし、生活を再生するための技術だと思います。

 また、今必要なのは「科学」技術だけではありません。第一次世界大戦後の国際連盟、第二次世界大戦後の国際連合、戦争の救護を目的に設立された赤十字のように、国内・国際問わず、人の生存を可能にし、生活を再生するための制度やシステムです。

 とりわけ、福島原発事故は今現在、日本の持っている技術やシステムだけでは克服が難しいように思います。すでに海外から様々な支援は行われていますが、もう一度仕切りなおしをし、情報・状況を開示し、国内だけでなく、国際的な検証を受け、制度やシステムも含めた支援を再度求める時期にきているのではないでしょうか。


続きを読む
0

2011/4/10

お花見  お散歩カメラ

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します
   1日でもはやく、東北地方でもお花見ができますように

    
    クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します
    夜桜の撮影は難しい
3

2011/4/9

モノクロの世界  お散歩カメラ

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します

   クリックすると元のサイズで表示します
    昔の白黒の日本映画の桜が綺麗でした。
0

2011/4/3

1000ミリシーベルト  毎日父さん

 福島第一原子力発電所内では毎時1000ミリシーベルト以上の汚染水が見つかっています。大気中ではないですが、危険な数値かと思います。防護や遮蔽の程度にもよりますが、毎時1000ミリシーベルトの中で数時間の作業をすれば、致死量となります。様々な臓器障害や血液毒性のためです。

 血液毒性に対しては、造血幹細胞移植(骨髄移植もその一つです)が考えられますが、このことについて、日本造血細胞移植学会が声明を出しました。
「造血幹細胞移植が必要とされるような事例に対しあらゆる協力を行うが、被曝に於ける造血幹細胞移植の効果は血液毒性の修復に限定されたものであり、作業員の人権と安全に十分配慮されることを強く要望する。」という内容です。
 

 
 日本造血細胞移植学会
 http://www.jshct.com/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ