2012/8/26

同種造血幹細胞移植患者への治療早期からの運動介入が身体機能維持に重要  患者学入門

【臨床腫瘍学会2012】 日経メデイカルオンライン記事より 

 造血幹細胞移植患者への運動介入を検討した結果、移植前無菌室での有酸素運動実施率と移植後の6分間歩行との間に強い相関関係が見られたことから、治療早期からの運動療法が身体機能維持につながる可能性が示唆された。京都大学人間健康科学系運動機能開発学の立松典篤氏が、7月28日まで大阪市で開催された第10回日本臨床腫瘍学会学術集会で発表した。


 日経メデイカルオンライン
 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/sp/jsmo2012/201207/526097.html


 
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ