2017/1/15

伊藤若冲  毎日父さん

 昨年・一昨年と生誕300年を記念して伊東若冲展が京都だけでなく、東京で開催され、入館待ちの人で長蛇の列となり話題となりました。残念ながら、私は、東京や京都での展覧会は見に行けませんでした。

 色彩の鮮やかさ、様々な技法等が話題となりました。テレビなどでも紹介されました。
それはそれで、すばらしいのですが、私は彼の水墨画が好きです。

 鹿苑寺大書院 月夜芭蕉図などは少し寂寥感を感じさせながらも、どことなく懐かしさを感じさせ、しばらくその前で佇んでしまいます。そして不思議と力がわいてきます。

 承天閣美術館 
 http://www.shokoku-ji.jp/j_meihou_jaku.html


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ