2020/5/6

自助・共助・公助  患者学入門

 阪神淡路大震災・東日本大震災等の自然災害時に重層的な支援として「自助・共助・公助」が提唱されました。

 自助は民間損保会社等の地震保険・自然災害保険 
 共助は地方公共団体の共済制度 
 公助は被災者生活再建支援制度 などです。 
 阪神淡路大震災時では個人の補償は認められないとのことでしたが、その後の自然災害の増加とともに十分ではないものの、生活再建支援という形で拡大してきました。

 今回の新型コロナ対策でも 
 国の政策として個人に対して特別定額給付金、事業者向け事業者持続化給付金等がようやく制度化されました。
 共助的なものとしては各地方公共団体や民間団体を中心に医療従事者の支援・応援のため基金が設立されはじめました。今後、他の目的の基金が設立する可能性もあります。
 また既にある公益法人の基金が支援を始めました。私も日頃お世話になっている法人に寄付しようと思っています。連帯の意を表明したいと思っています。「情けは人ためならず」です。

 でも「振り込め詐欺」には十分気をつけてくださいね。

 そして、事態がおちつけば、事業者むけに事故率を勘案し、今回のような感染症の拡大による事業継続保険が可能ではないでしょうか。単独で困難であれば火災保険等セットで、「備えあれば憂いなし」です。


「こうべ医療者応援ファンド」   私も応援しました。
  https://kmsf.jp/
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ