お知らせです。 AutopPageのブログサービスの終了により引っ越します。  https://blog.goo.ne.jp/tousan          毎日父さん「白血病日記」  「お気に入りに」などに登録の方は変更してくださいね。

2022/1/10

健康保険の傷病手当金の支給期間が通算化されます  患者学入門

 厚生労働省のホームページによりますと

「治療と仕事の両立の観点から、より柔軟な所得保障ができるよう、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律(令和3年法律第66号)」により
健康保険法等が改正されました。この改正により令和4年1月1日から、傷病手当金の支給期間が通算化されます。」とのことです。
 詳しくは
 https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000857062.pdf
   まで

 傷病手当は従来、同一疾病・負傷の場合、支給期間は1年6か月が限度でした。途中で出勤しても、関係なく1年6か月で打ち切らました。
しかし、この度の改正で「通算」で1年6か月支給が可能となりました。がん患者をだけでな く、多くの働き盛りの患者さんにとって朗報だと思います。



 昔と違い「がん患者」も長期生存が可能となりました。その代わり、度々の入院治療を余儀なくされ、通院での抗がん剤治療などを受ける人もいます。治療の合間に仕事に戻っても、傷病手当金は配慮されませんでした。
「通算」となったことで、治療計画にそって、余裕ができるのではないでしょうか。

 願わくはもう少し支給期間が長くなり、また障害年金の認定基準にがん患者の心身の状況・就労実態に合わせて、配慮していただけたらと思うのですが・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ