白血病になってしまった  

 私は60歳代の男性です。2004年2月に急性骨髄性白血病を発病しました。所謂「がんサバイバー」です。私は仕事柄、様々な患者さんと接する機会がありますが(と言っても医師ではありません)自分自身が病気(しかも「がん」です)になってしまい、今まで患者さんの声を聞いているようであまり聞いていないのではないか、わかっていたつもりでもわかっていなかったのではないか、そんな思いが残ります。

 闘病記・体験記は数多くありますが、患者さんにはそれぞれの人生があり、それぞれの経過があり、個別的です。「個を追い詰め/解読することが/普遍でありうる」(がん患者学T 柳原和子 中央公論社)のは真実です。個別的ですが、そこには多くの共通点があることも確かでしょう。「あー自分もそうだった。あの時のこの出来事はそういう事だったのか。自分も同じだな」ということは多いと思います。そんなことが患者さんの気持ちを落ちつかせるし、家族の不安の解消にも役立つように思います。少しでもそんなことにでも役立てばと思い、まとめてみました。

 また、医療者や関係者の立場からすると、個別的であればあるほど客観化しにくいし、少し整理して一般化して欲しい、という希望もあるでしょう。仕事で患者さんと接して、自分自身が患者にもなり、少しでも個別性と一般性・客観性を近づけてみたい、そんな思いもありました。
 そのため、「闘病の記録」については少しは客観的な記録として心がけたつもりです。カテゴリーの「闘病の記録」から入っていただき,昔の記事から最近の記事の方へ読んでいただいたら読みやすいと思います。
 
 でも、病気の診断、治療法については人によって異なりますので、私の記録は参考にしていただき、十分主治医と相談して欲しいと思います。

(コメント等について、スパムコメントが多いため、管理人承認後、掲載しますのでご了解ください。拍手コメントはどうも表示されないようです。また、会費無料のtea cup autopageに移行し、広告が掲載されますのでご注意ください。管理人とは関係ありません
19

2018/7/15

西日本豪雨の被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。  

西日本豪雨の被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。
0

2014/1/1

謹賀新年  

  クリックすると元のサイズで表示します
  初春の海  

  旧年中はお世話になりました
  今年もよろしくお願いします
0

2013/10/14

逆光でも  

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

続きを読む
0

2012/7/8

さくらんぼと野菜をいただきました  

ありがとうございました

感じる心
http://chocora522.exblog.jp/

ことぶきさん
http://www2.odn.ne.jp/kotobuki
0

2012/4/22

平成24年度 診療報酬改定がありました  

 この4月より実施されています。調剤薬局の窓口で「お薬手帳が無料になりました」という声を聞き、今年が改定の年だと気づきました。
 正確にいうと、お薬手帳を通じた情報提供薬剤情報提供料が廃止され、薬剤服用歴管理指導料(41点)に残薬の有無の確認(新規要件)・後発医薬品に関する情報提供(新規要件)
・お薬手帳を通じた情報提供が要件となったわけです。

 平成24年度診療報酬改定の概要は
全体改定率は プラス 0.004%
診療報酬(本体) プラス1.38%(約5,500億円)
医科 プラス1.55%(約4,700億円)
歯科 プラス1.70% (約500億円)
調剤 プラス0.46% (約300億円)
薬価等 マイナス1.38%(約5,500億円)です。

続きを読む
0

2012/1/1

あけましておめでとうございます  

  クリックすると元のサイズで表示します
   今年もよろしくお願いします。(借り物の画像です)
0

2011/12/17

患者・市民パネルの募集について  

 国立がん研究センターがん対策情報センターでは、がん患者、ご家族、市民のそれぞれの立場から、わが国のがん対策についてがん対策情報センターへ提言、またがん対策にかかわる情報を周囲のみなさまに広報していただく、いわば「がん対策応援団」の役割をしてくださる『患者・市民パネル』のメンバーを募集するとのことです。

 応募の締め切りは平成24年2月20日(月)(当日消印有効)です。

 詳しくは
 http://ganjoho.jp/public/news/2011/panel_2012.html
0

2011/4/17

困難を克服する技術  

 今日の朝のNHKのニュースで、東日本大震災の被災地で今まであまり注目されなかった中小企業の技術が役立っているとの報道がありました。移動式の太陽光発電、小型風力発電、防災倉庫をかねた仮設トイレが紹介されていました。

 かつて戦争は技術を進歩させるといわれてきました。例えば、自動車や飛行機、最近のインターネットももともとは軍事技術でした。殺戮のための技術でもあるとともに、自らが生き残るための技術であったと思います。
 
 ですから、技術は人々の生存を脅かす困難な状況にこそ大きく進歩するように思います。今必要なのは人を傷つける軍事技術ではなく、人の生存を可能にし、生活を再生するための技術だと思います。

 また、今必要なのは「科学」技術だけではありません。第一次世界大戦後の国際連盟、第二次世界大戦後の国際連合、戦争の救護を目的に設立された赤十字のように、国内・国際問わず、人の生存を可能にし、生活を再生するための制度やシステムです。

 とりわけ、福島原発事故は今現在、日本の持っている技術やシステムだけでは克服が難しいように思います。すでに海外から様々な支援は行われていますが、もう一度仕切りなおしをし、情報・状況を開示し、国内だけでなく、国際的な検証を受け、制度やシステムも含めた支援を再度求める時期にきているのではないでしょうか。


続きを読む
0

2011/3/27

患者必携 「がんになったら手にとるガイド」 が発売されました。  

患者必携 「がんになったら手にとるガイド」 が発売されました。
 
書籍版  1,260円です 発売 学研 http://hon.gakken.jp/book/1415810360
 
電子書籍 無料配信 学研  http://www.gakken.co.jp/news/digi/201103/pdf/20110310.pdf

また、国立がん研究センター がん情報サービス サイトより無料でダウンロ−ドできます。
http://ganjoho.jp/public/qa_links/hikkei/hikkei01.html#prg3_1

私も患者・市民パネルの一人として協力しました。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ