お知らせです。 AutopPageのブログサービスの終了により引っ越します。  https://blog.goo.ne.jp/tousan          毎日父さん「白血病日記」  「お気に入りに」などに登録の方は変更してくださいね。

2022/2/20

1日で約26兆円の時価総額が消えた  毎日父さん

 東洋経済新報社 オンライン 2月9日付 によりますと
「SNSの世界最大手、アメリカのフェイスブック改め「メタ」の決算は、同社が直面するかつてない逆境を示すものとなった。」(中略)

「メタの2021年10〜12月期決算は、売上高が前年同期比20%増の約336億ドル(約3兆8000億円)となったが、純利益は8%減の約102億ドルで着地した。主力アプリ「フェイスブック」の1日当たりユーザー数は19億2900万人と、前四半期比で100万人減。創業以来初めての減少だ。」(中略)

「決算発表翌日の2月3日には同社の株価は前日比20%以上下落し、1日にして約26兆円もの時価総額が吹き飛んだ。これだけの時価総額消失は米国史上最大とみられる。」
とのことです。

 投資家でもない私が注目するのは「メタ」の―業績不振(といっても赤字ではなく、前期に比べ減益したにすぎません)ではなく、時価総額の消失の金額の大きさです。1日で26兆円という桁違いの額です。しかも大幅な赤字転落というわけでもなく、一期での減益なだけです。
 
 損失した26兆円があれば、多くの起業が可能であるし、新しい製品・新しいサ−ビスを生み出すことが可能ではないでしょうか。当然雇用も増えます。人々も豊かになります。いろいろな問題の解決も少しはできるでしょう。

 
続きを読む
0

2022/1/22

Ennahのその後  毎日父さん

 以前、インドのyou tubeの歌手Ennahを紹介しましたが、昨年2021年後半の2曲の歌はともかく、ファッションなどは少し残念でした。
 南アジアのポップスの女王ナディアハッサンの曲「boom boom」もいいアレンジで、心地よく聞けました。

 今年、立て続けに3曲アップされていました。元のEnnahに戻っていました。安心しました。今度はインドのポップスをアップしてもらいたいですね。
 
 これはyou tubeのコメント欄に書くべきでしょうね。英語を勉強しなくては。

0

2022/1/16

アップルは未来の先取り?  毎日父さん

 新年早々の新聞記事でアメリカのIT企業のアップルの株式時価総額が3兆ドル(340兆円)の大台を超えたとの報道がありました。小心者の私はリスクのある株や投資には関心はないのですが、さすがは世界のNo.1と驚きました。でも、日本企業1のトヨタ自動車の約10倍ということで少し違和感を持ちました。


続きを読む
0

2020/12/23

Ennahの世界  毎日父さん

 You Tubeをめぐっていると偶然に面白い動画や不思議な音楽にであうことがあります。検索機能で好みのものを関連づけているとはわかっていても、つい次から次へと観てしまいます。

 パソコン上ですと、なじみのない曲はスルーことが多いですが、最近TVでYou Tubeを観るようになってからは、それなりの音質で聴くことができることが多くなりました。そこで、不思議な音楽にであうことがあります。

 その中の一人が「Ennah」という歌手です。ウキペディアで検索しても本人ではない人を検索してしまいます。詳しくはよくわからないですが、インド出身でアメリカ、ロサンジェルスで歌の勉強をしたようです。80年代の曲のカバーの曲がココチ良く「Casablanca」がよく視聴されているようです。またインドのポップスのカバーと思われる曲も映像と共に不思議な世界を醸しだします。

 ご興味のある方は You TubeやFace Bookで ennah を検索してみてください。
10

2018/12/2

石井一男展 須飼秀和展が開催されています  毎日父さん

年末のこの時期に大好きな二人の展覧会がおこなわれるのはうれしい限りです。早速行って来ました。

石井さんの作品は過ぎゆく年の様々な出来事を静かに思いおこさせ、須飼秀和さんの作品は来る年の温かい出来事を期待させるように思います。

ギャラリー 島田 http://gallery-shimada.com/

12月5日まで


石井さん 神戸市文化賞受賞おめでとうございます。会場で御祝いを申し上げるのを忘れていました。

須貝さん 今年もカレンダーを買いました。絵は買えませんが、カレンダーは楽しみにしています。来年もよろしくお願いします。

0

2018/7/15

光はそこに  毎日父さん

井上よう子さんの個展を観てきました。

ギターのコンサートとのコラボレーションでした。

そこにある光は近くではわからず、少しはなれたところから観るとわかります。
井上さんの絵は様々な青の深さと光のコントラストが、印象的ですが、この作品では目立たない光が印象的です。

それは魂の光なのでしょうか
見守る光なのでしょうか
希望の光なのでしょうか

この光は被災地の皆さんにも必ず届けられると思います。





0

2018/7/7

井上よう子展 「光はそこに」  毎日父さん

 井上よう子展 「光はそこに」

 7月7日(土)から7月18日(水)   ギャラリー島田

「・・絵を描き続ける事で生かされてきた私は、絵の持つ素敵な力を信じ、見る人の心の奥深くに何かを届けられるよう願いながら、毎日描き続けています。・・・・」とは井上よう子さんの言葉である。

  http://gallery-shimada.com/?p=5382








0

2018/1/1

謹賀新年  毎日父さん

昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いします。
0

2017/4/1

無事定年退職を迎えました  毎日父さん

 今の会社に就職してから35年。白血病を発症してから13年。無事定年退職を迎えることができました。退職にあたり、たくさんの花束をいただき、家の中は花の園となりました。ありがとうございます。「こんなに花に囲まれるのはそんなにはないわね」と妻は話しています。

 職場復帰の思いを果たせず、無念のままこの世を去った多くの仲間たちへの献花でもあります。生き残った者として、定年まで働くという自分なりの「一つ」の使命を果たしたと思います。

 ありふれた言葉ではありますが、皆さんの支えによってできたことであり、感謝いたします。私の場合は職場の仲間だけでなく、家族、医療関係者、患者仲間、そして名も知れぬドナーの方のおかげでもあります。

 4月より再雇用となりました。有給・無給を問わず仕事をし、社会との繋がりを持ち続け、がん患者の思いを伝え続けたいと思います。そして、より良き充実した人生を全うする。それが私の次の使命です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3

2017/1/15

伊藤若冲  毎日父さん

 昨年・一昨年と生誕300年を記念して伊東若冲展が京都だけでなく、東京で開催され、入館待ちの人で長蛇の列となり話題となりました。残念ながら、私は、東京や京都での展覧会は見に行けませんでした。

 色彩の鮮やかさ、様々な技法等が話題となりました。テレビなどでも紹介されました。
それはそれで、すばらしいのですが、私は彼の水墨画が好きです。

 鹿苑寺大書院 月夜芭蕉図などは少し寂寥感を感じさせながらも、どことなく懐かしさを感じさせ、しばらくその前で佇んでしまいます。そして不思議と力がわいてきます。

 承天閣美術館 
 http://www.shokoku-ji.jp/j_meihou_jaku.html


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ