2006/9/5

帆布のカメラバック  カメラ・機材

内房線の報告をしたときにも書いたのですが、最近、撮影時に持っていく機材をできるだけ少なくしています。体力的に厳しくなってきたというのが理由です。機材は減らしたのですが、カメラバックはフル装備を想定したものしか持っていませんでした。
そこで、カメラ1台、レンズ2本程度の軽装備に対応したカメラバックが欲しくなりました。

色々探してたどり着いたのが、こちらの帆布製のカメラバック

クリックすると元のサイズで表示します

メーカーは、浅草に工房と店舗を持つ「犬印鞄製作所」というところです。
帆布バックというと、京都の一澤帆布が有名ですが、この犬印鞄もなかなかの出来です。
シンプルなデザインで実用的な鞄に仕上がっています。
手作りのバックですし、受注生産ということもあって、8月中旬に注文したのが、ようやく今日届きました。
注文に際し、中蓋の止め金具をマジックテープに変更してもらいました。
撮影スタイルとして、すぐにレンズを交換したり、バックの中へのアクセスを良くしたいというのが理由です。

届いたバックに、早速、カメラ(EOS 20D)とレンズ2本(EF80-200mm/F2.8L、シグマ17-70mm/F2.8-4.5)を入れてみましたが、こんな具合にすっきりと収まりました。フードは、レンズから外して入れていますが、まだ余裕はあります。試してみるとポケットサイズの時刻表も入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

バックそのものが軽くなったことと、サイズがコンパクトなので、肩から提げていても体への負担が軽そうです。

さあ、新調したバックで撮影に出かけたくなってしまいました。(^^ゞ
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ