2007/2/18

頸城 ジ1 ショーティー その2  頸城鉄道

昨夜設計したスタイルをちょっと整形。
外板や窓板などに分け、型紙状態にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

のってきたところで、一気に窓抜きを終了。
いつも通り、サーフェーサーを軽く吹いた後、#1500のサンドペーパーでカエリをならしておきます。
各面を貼りあわせ、箱状態になったところで、今日の作業は終えました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ