2005/4/30

沼尻サハ  

昨日からGWに突入しました。4月とは思えないほどの暑さでしたが、
天気が良く、お出かけ日和です。でも、遠出の予定はなく、近場で
家族サービスとなりそうです。(ーー;)
ということで、空いた時間を利用して、モデルワーゲン製の沼尻サハを
組み立て始めました。カッチリ組めるキットですので、半日の工作で
下記のような状態までとなりました。
細かい部品は塗装後の取り付けですので、半田付けはここまで。
明日以降、天気の様子を見ながら、一気に塗装まで仕上げたいと思ってます。
ところで、今回の目玉は、連結可能な朝顔形カプラー。
燐青銅製のクランプをはめるだけで、簡単に連結できる優れものです。
早速、以前完成させたガソ101と連結してみました。
う〜む、とても実感的で、この状態でもニヤニヤしながら見入ってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/23

二軸客車の続き  

今日は、春らしい良い天気でしたので、塗装を行いました。
客車本体は、窓枠の黄色、ボディの茶色、デッキ周りの黒、屋根のグレーと4色も塗り分けしなければならず、上記色の順にマスキングをしながらの作業でしたので、とても時間がかかってしまいました。
でも、丁寧に作業したおかげで、満足いく塗り分けとなりました。
客ドアは、薄い茶色に塗り、エコーモデルのロスト製のハンドルを追加。
レタリングを施した後、ウェザリングをして、完成となりました。(^o^)/
下の写真は、以前作ったニフと連結した状態のカットです。
これで、DB81に牽引された混合列車が再現できました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/17

二軸客車  

W工芸の頸城鉄道の二軸客車を作り始めました。エッチングで組み合わされる構成は、いつもながら感心させられるほど、ピタリを合います。ストレートに組むと、一日でここまで出来ました。ただ、エッチングで表現に乏しかったデッキの手動ブレーキハンドルだけは真鍮線と帯材で作り変えました。それと、端梁に標識灯掛けも追加。これだけでもずいぶん立体感に富んできました。ちなみに、窓枠と扉は塗装後に取り付けるため、この写真ではついていません。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/10

現役の腕木信号機  

今回は模型ネタではありません。(^^ゞ

先週、福島県の小名浜へ1泊で出張に行ってきました。朝、ホテルから港の方へ散歩に出かけると、線路を発見。よく見ると、腕木信号機があるのを見つけました。帰宅後に調べてみると、福島臨海鉄道の小名浜駅手前にある腕木だったのです。コンクリートの土台の上に乗っていて、背がとても高いのが特徴です。列車が来なかったのが残念でしたが、今なお現役で使用されている腕木にちょっと感激でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/4/5

名鉄増備  

またまた、名鉄のBトレインを買ってしまいました。今度の車両は、スカーレット色の510+520。ほどよくデフォルメされ、実車の可愛らしさがとてもよく表現されています。こうなると、動力化もさることながら、黒野駅あたりを再現したくなります。久しぶりに、展示台を作ってみようかな〜なんて、思い始めてます。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ