2007/2/10

沼尻ガソのショーティー その5  模型

沼尻ガソ ショーティーの動力をBトレイン用の動力ユニットを利用して作りました。

一旦、動力台車部分をバラし、モーターも取り外します。
その後、ウォームギアから軸を外し、直接、モーターの軸を打ち込みます。
(白い板は、プラ板で作った床板です。)

クリックすると元のサイズで表示します

この状態で動力ユニットを組み付けるとこんな感じになります。

クリックすると元のサイズで表示します

最終的に床板を黒く塗って、配線を済まし、バランス用のウェイトを乗せた状態がこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

ラピッドスタートで走りますが、なかなか快調な走りです。
ちなみに、上回りはシル、ヘッダーなどを取り付け、ラジエーターなどもプラ板で製作しました。ベンチレーターやヘッドライトが手元にないので、ここまでで本日は終了です。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2007/2/4

レンズとファインダー  カメラ・機材

今週末、カメラの機材が二つ充実しまいました。

一つ目は、キヤノンのEFS10-22mmです。
カメラをEOS-20DからEOS-5Dに切り替えた父から譲り受けたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、EOSの広角が16mm相当までカバーできるようになりました。(^^♪

二つ目は、GR DIGITAL用の外付けファインダーです。
日中の屋外などでの明るい場所での撮影の際、カメラ本体のLCDが見づらいときがありました。LCDの明るさを最大にしても、効果がありません。
そんなときに光学ファインダーがあると周囲の明るさに関係なくフレーミングができて便利です。というわけで、純正オプションの外付けファインダーを買ってしまいました。
装着した姿は、レンジファインダーのカメラのようになり、見た目もGOODです!(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

実際、このファインダーを覗くと、EOSのファインダーよりもクリアに見えます。
ミラーやペンタプリズムを通していない分、光量も落ちないので当然なのですが...
0

2007/2/4

沼尻ガソのショーティー その4  模型

昨日、窓抜きが終了したものから外形を切り出し、一度サーフェーサーを軽く吹いて下地処理を施しました。
乾燥後、返りと表面を#1500のサンドペーパーで滑らかにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

これらの各板を貼りあわせ、箱状にしたところで本日は終了です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/3

沼尻ガソのショーティー その3  模型

CADでの設計も終わり、IMONで買ってきた車体工作用の用紙(横目0.2mm厚)にプリンターで印刷しました。
この状態でも、半分完成した気分でしばらく用紙を手にニヤニヤ...(^^ゞ

今日から窓抜きを始めました。
とはいっても、窓の数は頸城に比べると格段に少なく、細い窓桟もほとんどないため、小一時間で窓抜きが終了〜!

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ