2007/2/10

沼尻ガソのショーティー その5  模型

沼尻ガソ ショーティーの動力をBトレイン用の動力ユニットを利用して作りました。

一旦、動力台車部分をバラし、モーターも取り外します。
その後、ウォームギアから軸を外し、直接、モーターの軸を打ち込みます。
(白い板は、プラ板で作った床板です。)

クリックすると元のサイズで表示します

この状態で動力ユニットを組み付けるとこんな感じになります。

クリックすると元のサイズで表示します

最終的に床板を黒く塗って、配線を済まし、バランス用のウェイトを乗せた状態がこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

ラピッドスタートで走りますが、なかなか快調な走りです。
ちなみに、上回りはシル、ヘッダーなどを取り付け、ラジエーターなどもプラ板で製作しました。ベンチレーターやヘッドライトが手元にないので、ここまでで本日は終了です。

クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ