2007/2/25

頸城 ジ1 ショーティー その3  頸城鉄道

塗装直前の状態まで進みました。

車体は、先週の状態からシルやヘッダーを貼り付け、3mm厚のバルサで屋根を作りました。
ここで、一旦、サーフェーサーをサッと吹き、表面をならしておきます。
ボンネットは、プラ板でそれらしく作りました。
動力ユニットは、ガソと同じように、Bトレ用動力ユニットをバラし、動力側の台車にモーターを直結しました。

クリックすると元のサイズで表示します

で、全体の雰囲気はこんな感じです。
塗装は、来週以降への持越しとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ