2008/6/29

腕木式信号機  頸城鉄道

蓄音機ガレージが一段落して、次に何を作ろうか思案していました。
そろそろモジュールの台枠を作り始めようかと図面を引き始めたのですが、天気が悪く材料を買いに行く気になりません。(^^ゞ

というわけで、小物を整備しようかと、腕木式信号機を作りました。
当初は、津川洋行プラキットをそのまま利用しようかと思ったのですが、写真を見ると形がぜんぜん違います。
せっかくですので、上記プラキットの一部を使いながら、スクラッチしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

工作途中の写真がありませんので、いきなり完成した写真を載せます。(^^ゞ
柱は2mm角の檜材を使用。途中から丸くヤスリ、先端に行くにしたがって細くなるようにテーパをつけました。
先端の飾りは、0.7mmの真鍮線をそれらしく整形し、妻からもらったビーズをつけてあります。
信号腕は、津川洋行のキットを利用し、緑と赤のセロファンをつけ、それらしく整形しました。操作レバーもキットを利用しています。0.25mmの燐青銅線でディティールしてました。

完成後、以前作った百間町駅舎を並べて、記念写真です。
全高75mmの小さな腕木式信号機がモジュールのよいアクセントになってくれそうです。(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、幣ブログのアクセス数が10万を突破しました。
2005年3月開設以来、3年目での達成ですが、これもひとえに皆様のご愛顧のおかげです。
これからも拙い工作記事や鉄道ネタをアップしていきますので、よろしくお願いいたします。<(_ _)>
0

2008/6/22

蓄音機ガレージ その7  頸城鉄道

自宅をリフォームしたのですが、作業スペースがまだ以前にように復帰していないため作業がほとんど出来ない状態が続いています。
そんな中、今月号のRMMにエコーモデルのコンペに入賞した作品が掲載され、久しぶりに手を動かしたくなり、蓄音機ガレージを少しだけディティールを追加しました。

作業場への扉と窓に庇を取り付けました。
材料は、STウッドと1mm角の檜材です。トタンの表現は、ケント紙に筋をつけ、マホガニー色に塗装してから貼り重ねました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで出来ると、後は庫の中の小物を作らなければなりませんが、最終的な仕上げはモジュールに設置してからにしましょう。
ということで、とりあえず蓄音機ガレージの暫定的な完成とします。
0

2008/6/20

鉄コレ用コントローラー  模型

仕事の絡みで東京ビックサイトで行われている「東京おもちゃショー」に行ってきました。
タカラトミーのブースにあったTOMYTECのコーナーに先日発表された「鉄道コレクション専用コントローラー」を発見。

クリックすると元のサイズで表示します

全高10cmくらいの大きさ、手のひらサイズの可愛らしいコントローラーです。
電源は、単三電池4本(充電池が使えないのが残念)。
価格は、税込み1995円と格安です。パイクにちょうど良さそうで、今から発売が待ち遠しいです。(^^♪

0

2008/6/15

ひろ〜く撮れる  カメラ・機材

先日購入した「Cybershot U10」をもっと楽しむため、ワイコンを購入してみました。
とはいっても、純正のワイコンではなく、携帯カメラ用のワイコンです。

Kenkoのダイレクトショップのアウトレット品です。
定価が900円くらいだったと思うのですが、アウトレット品ということで税込み390円。送料がちょっと高いので、ほぼ定価で購入できます。アウトレット品とはいっても、新品でした。

クリックすると元のサイズで表示します

カメラに装着する側に粘着性のクッションがついていて、カメラにピタッとつけられます。つけた状態は、こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

撮ってみましたが、クッションがあるせいで、レンズの四隅が若干ケラレます。
でも、魚眼のようなカットが撮れて、楽しいです。
試しに、三波郵便局を撮ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

絵が荒れて、トイデジカメのような風合いが面白いです。(^^♪
0

2008/6/8

「エコーモデル・その世界」展  模型

昨日、丸の内北口にある丸善・丸の内本店内のギャラリーで開かれている「エコーモデル・その世界」展へ行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

訪れたのはトークショーが行われる時間。会場内でKBMCのメンバーと落ち合いました。
RMの名取編集長が司会進行を務め、宮下氏と諸星氏の話を約1時間聴くことができました。トークショーの間に新作が回覧され、記念写真をパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

名取編集長の作品も拝見することが出来ました。
打ち捨てられたナベトロです。質感が最高です。

クリックすると元のサイズで表示します

伺った話では、ナベトロの材料は弁当の蓋だとか。熱をかけて成型しているそうです。
錆びた穴は、特殊な工法を用いているとかで、それ以上は聞けませんでした。

トークショー終了後、展示会場に足を運びました。
会場は、鉄道ファンと思しき方々以外にも一般の方も多数訪れていて、大盛況。
展示物を見るのにも、一苦労といった状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に私の作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

コンペに応募した「鈴木オート」が佳作に入賞しました。
自分の作品だけ、コッソリと撮影。(^^ゞ

見学後は、KBMCのメンバーと打ち上げ。充実した一日となりました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ