2008/10/26

仙台鉄道キハ4 その2  仙台鉄道

動力ユニットを買ってきました。
いつものように、デッキ部分を切除し、モーターを覆っているダイキャストのカバーの左右を切断します。

クリックすると元のサイズで表示します

次に、床下のディティールです。
t1とt0.3のプラ板及びリベットつきのシルでラジエータを製作。
前後の接着し、φ0.5の真鍮線で配管を表現しました。
エコーモデルのタイフォンもプラ板で製作した支持部を介してデッキ下に接着。
排障器は0.7mm角の真鍮角線と1mmのアングルで製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

室内には、エコーモデルの旧型気動車用の運転台とプラ板で簡単に製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

これで塗装前の工作は終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、塗装は来週末かな...
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ