2009/12/31

2009年の成果  模型

公私共に、色々なことがあった激動の2009年も今日で終わりです。
そんなわけで、大みそかに今年一年製作したものを引っ張り出して、
振り返ってみたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

・頸城 新黒井パイク&ショーティーたち
・花巻 EB61&62、ワ
・沼尻 キハ2401
・木曽 ワークカー(正確には、以前組み立てたものを塗装しただけですが...)
・仙台鉄道 キハ3&ト19
・駐泊所
・ピアノ
・ラーメン屋台
・沼尻 ワフ2 ←未塗装状態です。(^^ゞ

スクラッチが多かったせいか、並べてみるとそれほど製作していないですね。

でも、この中でパイクがTMSのレイアウトコンペで努力賞をもらったことが、厳しい一年の中で嬉しいことの一つとなりました。

最後に、今年一年もご愛顧いただき、ありがとうございました。<(_ _)>

さあ、来年は穏やかな良い年になることを祈りつつ、皆さまにも良い一年になるよう祈念して、本年最後のエントリーとさせていただきます。

では、良いお年をお迎えください。
6

2009/12/27

沼尻 ワフ3 その3  沼尻鉄道

明日で仕事納め。
年末って感じがぜんぜんしません。でも、あと5日で正月なんですよね。
あわただしい年末ですが、今日の午後は工作の続きでした。

台枠に軸受を半田付けし、床板に仮止め。
端梁やブレーキシューを付けてみると、小さな車体にぎっしりのディティールが良い感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根板を半田付けすると、完成一歩手前まできました。

クリックすると元のサイズで表示します

乗務員ドアの窓枠やテールサインは塗装後に取り付ける予定なので、この状態ではつけていません。

この分なら、年内に完成できるかな...
0

2009/12/23

沼尻 ワフ3 その2  沼尻鉄道

年末の飛び石休日はバタバタしていて、休んだ気がしません。
そんな中でも、空いた時間に工作の続きを行いました。

側面の四隅の補強板と手すりを半田付け。
ドア上下のレールを取り付け、ロスト製のドアを半田付けまで行いました。

クリックすると元のサイズで表示します

それと、今回からマッハ製のキサゲ刷毛を導入しました。
少し高価な工具に投資するのは躊躇していたのですが、思い切って購入。

クリックすると元のサイズで表示します

今まで時計ドライバーの先端を研いだものや紙やすりで仕上げていたような
箇所が簡単にキレイな仕上がりになることにビックリ。(@_@)
こんなことなら、早く導入すべきだったと思いました。
これからの工作に大活躍してくれそうです。(^^♪
0

2009/12/20

沼尻 ワフ3 その1  沼尻鉄道

今日は午前中IMON横浜店に行き、今月発売の雑誌を仕入れてきました。
巷で話題のレイルNo71も一緒にゲット。今号もなかなかそそられる写真が満載です。

クリックすると元のサイズで表示します

年末ということもあり、色々な用事でまとまった時間がとれませんが、合間をぬって軽便祭で仕入れたモデルワーゲンの「沼尻 ワフ3」を手掛けることにしました。

久しぶりの真鍮キットです。
この時期、半田ごての暖かさが恋しくなります。(^^ゞ

さて、説明書に従って、まずは各側面に枠板を半田付け。
併せて、補強板も半田付けしますが、今日は側面の一部が残ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

このペースで年内に完成するかな...?
0

2009/12/13

ピアノと屋台の仕上げ  ストラクチャー

100均で小さな展示ケースを買ってきました。
約50mm角の大きさで、小物を飾るのにちょうどよい大きさとなっています。
この中に、ピアノと屋台をそれぞれシーナリーとして仕上げました。

まず、ピアノの方からです。
クリスマスツリーだけだと、ケースの中で寂しそうでしたので、ピアノライトを作りました。
最初に台座としてプラ棒をドリルレースで成形します。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、ライト部分ですが、こちらは1mmのプラ棒とそれをライターで引き延ばしたものを組み合わせています。

クリックすると元のサイズで表示します

ステー部分も引き延ばしたプラ棒で製作し、台座部分と接着します。

クリックすると元のサイズで表示します

ライト部分を除いて、全体を金色にに塗って完成です。
同じ要領で、フロアライトも作り、ケースの中に配置しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日、学生時代の友人たちとの忘年会が都内であったため、その前にこのキットを購入した「さかつうギャラリー」に行き、見ていいただきました。(この時は、犬がありませんでした)
その場で写真を撮影いていただき、早速ホームページにアップしていただきました。(さかつうさん、ありがとうございました。<(_ _)>)

次に、屋台の仕上げです。
ケースの中のベースとする板に、石膏をといたものを塗り、グレーのバラストを軽く撒きます。

クリックすると元のサイズで表示します

バフをベースカラーとし、陸上自衛隊の茶色で調子を整えていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

一部角にターフとミニネイチャーで草を表現し、屋台を固定していきます。
さかつうギャラリー」で購入したエコーモデルのガスボンベとバケツ、ビールケースを塗装〜ウェザリングを施して、接着します。ついでに、ウッドランドのネコも配置しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

気軽に工作できる小さなシーナリーも楽しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ