2010/3/14

沼尻 ボハ7 その4  沼尻鉄道

昨日の続きです。

屋根のベース(雨どいを兼ねて)となる板をt0.5のプラ板から切り出し、車体上側に接着します。

クリックすると元のサイズで表示します

床下には、台枠を簡単に表現してあります。
グラントラインのクイーンポストから先端部分のみをチャンネル材に接着し、φ0.4真鍮線でディティールを追加しました。
台車とカプラーを仮止めし、全体のプロポーションとカプラーの高さをチェックします。

クリックすると元のサイズで表示します

デッキ部分は、φ0.4とφ0.3の真鍮線及びt0.3のプラ板で製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

今週の工作はこれで終了。屋根板は今度の週末の課題となりました。(^^ゞ
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ