2010/6/18

棚田のあるモジュール その1  軽便モジュール

秋の軽便祭に向けて、新たなモジュールを製作します。

今回のテーマは、棚田のある景色です。
今まで、モジュールベースをフラットのまま使用し、建物や田んぼで構成していました。
限られたスペースですが、すこしでも高さ方向の表現を加えたく、ベースを掘り下げることで多少の高低差を付けてみたいと思います。

ベースはKBMCの新規格となる280×560mmです。
そこにTOMIXの線路を対称となるようS字に配置します。最小半径はR280です。

まずは、大まかに全体のイメージをベース板に鉛筆で書いておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

掘り下げる部分を小さなノコで切り抜きます。

クリックすると元のサイズで表示します

線路わきの道路と田んぼを切り抜いた板やバルサを使って地形を作っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

この状態で、線路を乗せてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

田んぼ以外の部分は、山や林で構成する予定です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ