2010/6/28

村の停車場開所式  沼尻鉄道

昨日は、2ヶ月ぶりに川桁方面へ行ってきました。
目的は村の停車場開所式に出席するため。

沼尻鉄道の旧会津下館駅脇に残っている旧長瀬産業組合の建物をJAから借り受け、地元有志の方々が沼尻鉄道を地元の文化資産として後世に残していきたいとの思いから、今まで集めた資料を常設展示する場所としてオープンさせました。

クリックすると元のサイズで表示します

資料スペースは2階に設けられています。

クリックすると元のサイズで表示します

この展示スペースに、軽便モジュール倶楽部が製作した沼尻モジュールも常設展示していただくことになりました。

開所式の前日夕方に現地入りし、式後の運転会に向けて、大まかな準備を行いました。
式当日は、梅雨特有の雨が断続的に降るあいにくの天気でしたが、会場はようやく開所にこぎつけた地元の方々の熱気に包まれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

会場の壁には、資料が所狭しと展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

軽便おばさんことなかさんが以前製作したレイアウト?もあります。
沼尻を再現したくて、独自に工夫をしながら製作されたものです。
手作りの温かさが随所に垣間見える作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに、1階は手打ちそばが食べられるようになっており、コシのある美味しいお蕎麦が食べられます。

クリックすると元のサイズで表示します

来年の桜祭りの運転会は、ここで行われる予定です。
秋にも沼尻の廃線跡を歩くウォーキング大会も行われたり、イベントの際にはこの展示場も公開されますので、機会をみて、ぜひ一度お出かけください。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ