2010/7/17

棚田のあるモジュール その7  軽便モジュール

梅雨が明け、いよいよ夏本番になりましたね〜。
抜けるような青空が広がっていましたが、せっせとモジュール製作にいそしんでいました。

まず、先週作った木をマホガニーで塗装。明るめのコースターフをスプレー接着剤で固定しました。

クリックすると元のサイズで表示します

地面の方もTOMIXのカラーパウダーやターフなどをまぶしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ある程度乾燥させたところで、植林です。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

小さめの木もあわせて30本程度を植えましたが、イメージ通りの感じになりました。
田んぼ脇の農道には、轍も表現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後にベランダから公園の木を借景に記念写真です。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、いよいよ明日から田んぼの工作に移りま〜す。
1

2010/7/11

棚田のあるモジュール その6  軽便モジュール

昨日は、某所でKBMCのメンバーが集まり、新モジュールの第一回接続会を行いました。
まだ、ほとんどがベース状態ですので、どのような景色になるかわかりませんが、新しい車両も続々と産声をあげはじめ、充実した接続会となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎回感じることですが、仲間を集まって模型談義をすることで、工作への新たなモチベーションを得ることができます。
そのモチベーションが下がる前に、早速今朝からモジュール工作を行いました。

まずは、線路と枕木をNATOブラウンにフラットベースを混ぜたもので着色します。

クリックすると元のサイズで表示します

乾燥後、バラストを撒きます。
定石通り、1〜2滴の中性洗剤を混ぜた水を霧吹きし、ボンド水溶液で固着します。

クリックすると元のサイズで表示します

乾燥を待つ間、木の製作を行いました。
今回は、中央の山やモジュール両端に木を配置しようと考えていますので、かなりの木が必要となります。
材料は、以前KBMCメンバーからもらったドライフラワーです。
ボリュームをもたせるために2〜3本をまとめ、マスキングテープで根元を固定。
木工用パテで固着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず20本ほど製作しましたが、おそらくこれだけでは足らないと思います。
木の種類も増やしたいので、そちらは別途製作します。

続いて、踏み切りです。
こちらは、2×1と、2×0.5の檜材で製作しました。
適当な長さにカットし、走行の邪魔にならないように接着します。

クリックすると元のサイズで表示します

着色は乾燥後となりますので、その間に土手などの下草を撒いていきます。
数種のターフを混ぜ、木工用ボンドを直接地面に塗ってからまぶしていきます。
余分なターフを軽く除去した後で、バラスト同様にボンド水溶液で固着していきます。

クリックすると元のサイズで表示します

少しずつ景色が見えてきました。
毎度感じることですが、緑が入ると生きてきます。
さて、来週の連休でもう少し工作が進めたいと思います。
1

2010/7/4

棚田のあるモジュール その5  軽便モジュール

昨日の続きです。

まず、線路をモジュールに固定しました。
裏側からフィーダー線を半田付けしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

石膏の地面に、ベースカラーとなるバフを3倍ほどに薄めて全体に塗ります。
ところどころ、デッキタンでニュアンスをつけてみました。

田んぼの部分は、マホガニーを2倍程度に薄めて塗ってあります。
更に、レッドブラウンとマホガニーを1:1で混ぜたものを上から塗り重ねました。
架線柱は、ステインで染色した後、架線ビームをダークグリーンで塗りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、今週の工作はここまで...
0

2010/7/3

棚田のあるモジュール その4  軽便モジュール

二週間ぶりにモジュールの工作再開です。

まずは、モジュールの足を取り付ける丸座金をネジ止めします。

クリックすると元のサイズで表示します

地面を盛り上げたところは良かったのですが、一か所だけネジの先端がタケノコのように生えてきていまいました。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

ここだけ再度紙粘土を追加して、ネジを隠します。
乾燥させている間に、架線柱を製作します。
ちょうどカーブのところだけ、2か所に架線柱を立てることにしました。

材料は、φ3の丸棒とプラチャンネルから切り出したアングルで製作します。

クリックすると元のサイズで表示します

モジュールに足を取り付け、架線柱を仮置きしてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、水で溶いた石膏を筆塗りし、茶漉しで石膏をまぶしました。
今日の工作はここまでで終了。石膏を乾燥させます。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ