2011/12/31

2011年を振り返って  模型

今日は大晦日。
締めくくりに今年製作したものを振り返ってみたいと思います。

まずは、製作した物を並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

1月:伊勢田尻駅
2月:蒲原ED1ショーティー
3月:コッペル4t
4月:サツキとメイの家
5月:無蓋車とフラットカー、ミニ駐泊所、給水塔、駅待合室、小さな便所
6月:西大寺 ハボ12
7月:ダブルルーフの電車
8月:南筑のブタ
9月:工具箱パイク、南部軽便 ハ1
10月:明治鉱業平山鉱業所凸電、トロッコ
11月:夷隅軌道 自動機客車、無蓋車、パイク収納箱
12月:花巻 デハ1 ショーティー

今年は震災後、一時期工作意欲が減退した時期もありましたが、それ以降は小さな車両やストラクチャーをずいぶん作った年となりました。こうやって並ぶと、ずいぶん作ったな〜というのが率直な感想。
来年は、まず仕掛かり中のクモハ12を仕上げるのを手始めに、じっくりと楽しみながら工作をして行きたいと思います。

また、模型とは関係ありませんが、Apple社製品をそろえた年でもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

1月:AppleTV
4月:iPod touch
5月:iPhone4
8月:MacBookAir

9月にジョブズ氏が他界し、今後のAppleが心配ではありますが、来年も魅力的な製品が出てくることを期待したいですね。

ということで、今年のエントリーはこれで最後といたします。
今年一年、弊ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
では、皆様、良いお年をお迎えください!
0

2011/12/30

クモハ12053 その6  旧型国電

最後の大掃除が終わり、のんびりと工作ができました。

まず、エコーモデル製のヘッダー、ドアヘッダーをシル同様に貼っていきます。
雨樋は、t0.5とt0.14のプラ板を貼り重ねて、2段雨樋を表現しました。
屋根板はいこま工房のtypeCを使用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側です。

クリックすると元のサイズで表示します

妻板の縦樋もt0.5のプラ板を1mm幅に切り出し、t0.3のプラ板で浮かせて接着してあります。
ステップもt0.3のプラ板で製作してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ホロ枠もエコーモデル製です。
ペーパーで形と表面を整え、接着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

だいぶ形が見えてきました。
明日は大晦日。最後の工作をもう少し行って、年内はおしまいとなりそうです。
0

2011/12/29

クモハ12053 その5  旧型国電

今年も残すところ二日あまりとなりました。
年末の片付けなければならない用事が色々とあって、なかなか工作が出来ません。
今日も大掃除の合間に、少し進めました。

出来上がった側面を箱に組みます。
角を少しやすって、丸めてあります。
各ドアの下に靴ズリをつけました。材料はt0.14のプラ板を0.4mmくらいの幅に切った物です。
シルは、エコーモデルのリベット付き。これがつくと旧国らしくなってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、お約束(?)のリベット強調アップです。

クリックすると元のサイズで表示します

年内に基本的な形状までできるかな...?
0

2011/12/24

クモハ12053 その4  旧型国電

せっかくのクリスマス3連休ですが、風邪のせいで体調がすぐれず、昨日は工作できなかったのですが、
今日ようやく少し進めることができました。

まず、側面の続きのリベットを完了させ、内側の板を切り抜きます。

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれ貼り合わせます。

クリックすると元のサイズで表示します

裾のリベットは、こんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

2列のリベットがいい感じです!
2

2011/12/18

クモハ12053 その3  旧型国電

今週末は、年賀状の準備をしていたり、学生時代の仲間との忘年会だったりと、忙しく過ごしていたので、工作は今日の半日程度。でも、限られた時間の方がゆっくりと楽しみながら工作できた気がします。

まず、先週作った妻板にもう一枚補強用の板を貼付けました。これで、かなりしっかりしてきます。
増設運転台側には、KSモデルの貫通扉を瞬間接着剤で貼付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

次は側面です。妻板と同じように外観側は裏抜きするように反転させてある型紙を弱粘着タイプのスプレーのりで貼付けて、抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ドア上部の角Rは後で仕上げるようにするため、斜めに切ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します

Rの仕上げは、φ1.5の真鍮パイプに#600の耐水ペーパーを両面テープで貼付けた棒ヤスリを使って行いました。
このとき、後で接着するドアヘッダーのRとうまく合うように調整しながら仕上げていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、手すりの穴をφ0.3のドリルで穴を開けておきます。
そして、いよいよリベットの打ち出しです。妻板と同じように、コンパスの針で行いました。
数が多いので、今日は半分ほどで力つきてしまいましたが、こんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ライトの斜め後方から当てて見ましたが、多少リベットの感じが分かるようになったかと思います。

それから、スプレーのりですが、しばらく使わないとノズルが詰まってでなくなってしまいます。
3Mのホームページからノズルを交換部品として、無償で送ってくれます。ノズルと交換するだけで、新品と同じように問題なく使えました。連絡してから2日ほどで送ってもらいました。対応の早さにビックリです!さすが、3M!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ