2012/4/30

井笠ホジ12 その1  井笠鉄道

GWに入り、新しい車両を手がけることにしました。
モデルワーゲンの井笠ホジ12です。キットはずいぶん前に購入してあったのですが、プラ板工作続きでなかなか手がけることができず袋に入ったまま、棚の肥やしになっていました。

今回はキットということで、肩の力を抜いて、素組でいこうと思ってます。
とはいっても、気になるところは手を入れてしまうかもしれませんが...

まずは、説明書に従って。上回りから。
外板に内板をハンダ付けしました。片方が出来て、もう片方を位置決めしている時に窓の一つが上方に
約0.5mm位ずれているのを発見。一瞬、目が点になってしまいました。
仕方なく、下側をヤスリで広げ、他の窓と合わせました。上側はシルをつけてしまうので、目立たないから良いかな〜とそのままにしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

キットを購入時にチェックをしていれば、交換してもらえたかもしれませんが、かなり経ってしまったのでおそらく部品も無いでしょうし、まあうまく加工できたので良しとしましょう。

この後、箱に組んで、シル、ヘッダーおよび雨樋をハンダ付け。
手すりはドア部分はキットのものを使用。窓の手すりは、φ0.3の真鍮線に交換してあります。
ヘッドライトはチップLEDで点灯させるために中心にφ0.5の穴を開けてあります。
テールライトケースにも穴があいていますので、こちらも点灯させるようか検討してます。
屋根板は一体のロストで表面を耐水ペーパーで整え、車体にすっぽりと入るようにサイズを調整することまで行いないました。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根板ははめ込んだだけで、塗装後に接着する予定です。
明日は下回りに着手かな...
0

2012/4/30

緑の村遠征2012  沼尻鉄道

久しぶりのエントリーとなってしまいました。
4月に入って、クモハ12を完成させてからは模型の方が気合いが入らず脱力状態。
その上、桜の便りと共に撮影に出かけたりと、工作から遠のいていました。

ところで、4/21〜22でこちらも久しぶりに沼尻へ行ってきました。
冬期休館中だった緑の村が今年度のオープンに向けて準備を行うということで、モジュールの調整をしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

緑の村周辺は、まだ残雪が至る所に残っていて、春まだ遠しといった風情。
モジュールが設置されている淡水魚館の裏には屋根から落ちた雪が2m近くあったのにはビックリでした。
館内のモジュールは閉鎖中養生シートをかけて、丁寧に保管されていたらしく、破損もほとんどない状態。
新年度に向けて、新しく調達したテーブルに交換とあいなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

手慣れた沼尻モジュールですので、いったんバラしてテーブルと入換え、再び組上げるところまでわずか4時間程度。
沼尻と川桁を結ぶ短絡線もお手製のしっかりとした台に組み直して準備万端となりました。
このGW中から開館とのことですので、猪苗代周辺にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
そうそう、淡水魚館のスタッフの方がブログを書いています。作業当日の記事がこちらでご覧いただけます。

今回の遠征は、沼尻駅跡近くの中丿沢で一泊。仲間との楽しい宴会と温泉を堪能しました。
帰りは、SLばんえつ物語号に初乗車。何度も磐西に訪れ、撮影は行っていましたが、乗車は初めて。ワクワクでした。

クリックすると元のサイズで表示します

車の運転がない鉄道旅でしたので、乗車前にしっかりとビールとつまみを買い込んで乗車。
汽笛の音の後の小刻みに押されるSL独特の振動とビールに心地よく酔いました。
車内には、子供たちのお楽しみイベント用のスペース「おこじょ列車」もあります。6月までの限定だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

途中からはサロンカーで流れ行く景色と汽笛の音を楽しみながら新潟まで乗り通しました。

クリックすると元のサイズで表示します

列車乗務員たちも旅を楽しませる演出を心得ており、楽しい汽車旅ができました。
また、機会を作って乗りに行きたくなりました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ