2013/8/18

蒲原 モハ11 その3  蒲原鉄道

お盆休み最終日は、のんびりと工作で締めました。
いただいた詳細図から設計図を若干修正し、型紙を起こします。

クリックすると元のサイズで表示します

いつものように弱粘着タイプのスプレー糊を型紙に吹き、材料のt0.3のプラ板に貼って切り抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

外側と内側を流し込みタイプの接着剤で貼り合わせます。

クリックすると元のサイズで表示します

車体裾のリベットも裏側から打ち出してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルな車体のアクセントになりそうです。
今週の工作はここまで...
0

2013/8/15

蒲原 モハ11 その2  蒲原鉄道

動力ユニットの組立を行いました。
プレス部品の歪みを整え、表面にペーパーをかけてから半田付けしていきます。
ギヤの一部が本来の部品と異なり、若干径が大きいものしか手に入らなかったので、フレームの軸を通す穴をわずかに広げ、遊びを持たせてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

車輪も組込んで、ギヤを回してみると、問題なく動作することを確認でき、一安心しました。
ただ、台車枠は車輪押さえの板にEリングで固定するのですが、台車枠に車軸が入らないタイプですので、半田付けか接着かで固定するように変更いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、動力ユニットを各部採寸し、図面に落とし込んでいきます。
床板の逃げ穴や固定部分の設計を行い、ようやく目処がたちました。

クリックすると元のサイズで表示します

詳細図もくるまやさんのご好意で入手できましたので、寸法を調整しながら車体型紙の設計に移りたいと思います。
0

2013/8/13

蒲原 モハ11 その1  蒲原鉄道

昔から作りたかった蒲原鉄道のモハ11を手がけようと思います。
学生時代、その可愛らしい姿と出会い、いつかは物にしたいと考えていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

※写真は学生時代に撮影した同型のモハ12です。

今回、スケール1/87、ゲージ12mmで作ります。
一番懸案となりそうな、下回り、特に台車や動力ユニットがありますが、以前製品化されていたモデルワーゲンにダメもとで当時の部品が無いか問い合わせてみました。
FAXで組立図を送ってもらい、必要な部品をメールで依頼したところ、ほとんどの部品が揃ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

聞いてみるもんですね〜。
これで一気に製作意欲up!ということで、設計に取りかかる前に、まずは台車を組み立ててみました。

クリックすると元のサイズで表示します

マクラバリの在庫が無かったため、プラ板で製作しましたが、機能的には問題なさそうです。
これを採寸しながら、設計を開始しました。

クリックすると元のサイズで表示します

RMライブラリーに載っていた形式図やモデルワーゲンの外観図を頼りに納得いく形にしていきます。
まだ、動力ユニット側の組立〜採寸が終わっていないため、図面としてはまだ完成していませんが、全体のイメージはだいぶ固まってきました。

可愛らしい田舎電車になりそうです!
0

2013/8/11

頸城 ニフ1 完成!  頸城鉄道

昨日からお盆休み。どこかに出かける予定も無く、猛暑を避けて、家でまったり過ごしてます。
ようやく、工作の時間が取れたので、ニフを塗装を行いました。

全体を一度サーフェーサーを吹き、乾燥後にブドウ色を塗装しました。
車体をマスキングし、屋根をジャーマングレイ、端梁とステップをフラットブラックで吹きました。
乾燥後、インレタを入れます。この後、全体をフラットクリアで艶を押さえ、ウェザリングマスターで軽く汚しを入れてます。

では、完成した姿です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これで満足いくニフとなりました。
次作は、一番懸案となりそうな部品をすでに入手しましたので、以前から作りたかったアレを題材にしようと思ってます!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ