2014/12/30

みにちゅあーとmini トラム  模型

仙北のDCを作りながら、昨日の午後から気分転換にペーパークラフトのトラムを作ってみました。
物はさんけいの「みにちゅあーとmini  【トラムとのりば】」です。
先日ネットを検索していたら、その可愛らしい姿を発見して一目惚れ。
デザインと監修はあのOMORO DESIGNの諸星さんとあって、その世界観が凝縮しています。
早速、ネットでポチって届いたのは仙北を手がける直前でした。くだんの仙北がある程度形となってきたので、浮気心を抑えることができず、着手してしまった次第です。

まず、中身は、5cm角の小さな箱にそれぞれの色そ活かしたペーパーにレーザーカットが施されています。


クリックすると元のサイズで表示します

トラムと待合室がセットになっていますが、まずはトラムから組み立てました。

側板と内張を切り出します。

クリックすると元のサイズで表示します

今回、スペインのトラムをイメージして、若干窓枠などを好みに合わせていじりました。
それぞれ貼り合わせ、前面はカッターの柄を使って丸く癖をつけておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ナンバーと台車枠も側板に貼り付け、屋根の骨組みもペーパー製でこちらも組み立てます。

クリックすると元のサイズで表示します

これらを貼り合わせ、屋根も貼っていきます。
乾燥後、屋根に軽くペーパーをかけてからスウェード調スプレーで仕上げ、車体には半光沢のスプレーを吹いておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで昨日の役2時間ほどの工作で終了。今日は細かい部品の取り付けと仕上げです。
行き先表示板は台車枠のあまりの神から四角い箱を組み、Photoshopで作成した行き先を入れました。
スペイン語で「Por ahí」といれましたが、これは日本語の「あっち」...笑
前面のヘッドライトはプラ部品のバーニヤを黒く塗ったものに、レンズを入れました。
屋根の渡板は1.5mmかさ上げして取り付け、TOMIXのPS13をグレイに塗って取り付けました。
下回りも若干部品と追加。動力ユニットはKATOのポートラムをおごりました。
軸間が合っていませんが、まあおもちゃのようなものですので、細かいことは気にしません。笑
途中の写真を撮っていませんので、完成した姿をお見せします。

クリックすると元のサイズで表示します

前面です。

クリックすると元のサイズで表示します

側面から...

クリックすると元のサイズで表示します

床板はt0.5のプラ板をフラットブラックに塗って取り付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

休み中に付属の待合室も組み立てようかと思います。
それと、この可愛い車両を走らせていたら、このシリーズの建物を使ってパイクを作ってみようかと思い始めました。
1

2014/12/29

仙北鉄道 DC103 その3  模型

年末の大掃除も一段落したし、天気もイマイチなので、今日は1日のんびりと工作してました。
DC103の続きは下回りにかかりました。
まずは、床板や排障器、カプラー台などを切り出して折り曲げハンダ付けしていきます。
大まかに形になったところで掴み棒や銘板など細かいパーツもハンダ付けします。
エアータンクはW工芸から入手したものを半分に切断してエッチングパーツに瞬間接着剤で固定しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでで上回りと合わせてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか良い形になってきました。
1

2014/12/23

仙北鉄道 DC103 その2  模型

年末は色々な用事があって、なかなか机に向える時間が取れませんが、今日は久しぶりに工作を行いました。
前回の続きで、上回りの工作のしどころであるボンネット作りです。

まずは、長い方のボンネットからです。
説明書に従って、パーツを切り出し、予め成形しておきます。
それを順番や方向を間違えないように注意しながら半田で組んでいきます。
ところが今日はどうも気分的に落ち着きがなく手元が安定しません。
組み上がって角のRを削っているときに落下し、さらにそれを取ろうとした際に椅子のキャスターでひいてしまうという事故が発生。何とか、形を戻しましたが、一瞬血の気が引きました。
点検扉も方向を注意しながら作業したのですが、向きを間違えて2度つけなおしたりで...笑
そんなバタバタな工作ながら、今日の成果はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

短い方のボンネットです。

クリックすると元のサイズで表示します

点検扉のハンドルが付いていませんが、後ほどつける予定です。
とりあえず、キャブと合わせてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側です。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛らしい形が見えてきました。
あと三日で仕事納めですので、この先は年末ゆっくり工作したいと思います。
1

2014/12/14

仙北鉄道 DC103 その1  模型

今年の締めにもう一つ機関車を手掛けようと思います。
第10回軽便鉄道模型祭の記念板として発売された仙北鉄道DC103です。
模型祭には諸般の事情で参加できなかったのですが、代わりに購入してもらっていました。
アルモデルの動力ユニットとW工芸のオプションパーツも入手できました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、キャブの組み立てからです。
妻板を切り出します。

クリックすると元のサイズで表示します

慎重に位置合わせを行って、それぞれ半田付けします。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、屋根と一体となっている側板です。
こちらも切り出した後、折り曲げの前に側板の内張を半田付けしておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根の曲げです。
まずは、肩の部分の曲げですが、肩ギリギリのところまで万力で軽く挟んでおき、φ2のアルミ棒を当てて慎重に曲げていきます。左右の肩をそれぞれ曲げてから、屋根のカーブを曲げていきます。私は文庫本を下敷きにして、スティック糊を転がしながら曲げていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

妻板を半田付けして角を丸くヤスって仕上げていきます。
前面、側面の水切りもこの時点で半田付けして、一緒に仕上げました。
ヘッドライトカバーも目分量で丸く曲げていき、半田を流して固定します。

クリックすると元のサイズで表示します

今週はここまで。年賀状の印刷を行いながらでしたので、あまり進みませんでしたが、なかなか綺麗に仕上がったと思います。来週はボンネットの工作です。
0

2014/12/6

西大寺鉄道コッペル 完成!  コッペル

先週は某所での会合があったため、模型作りができませんでした。
今週は午前中の好天を利用して、一気に塗装を行いました。

まず、一度、未塗装完成状態になっていた車体を分解。
中性洗剤で洗浄後、プライマーを吹いてからフラットブラックで塗装しました。
キャブ内はライトグリーンを筆塗り。少し手抜きをしてしまいました。
安全弁と汽笛はエナメルのゴールドを筆塗りです。
全体をウェザリングマスターで汚して、完成です。

完成した姿がこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

キャブ後端側から。

クリックすると元のサイズで表示します

ナンバーは1にしました。キットのナンバープレートの数字を切出して貼ってあります。
特に、凝った加工をしませんでしたが、プロポーションもよく、スムーズな走りをする可愛いカマが出来上がりました。

さて、次はアレにするかな...
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ