2015/8/15

蒲原 モハ11 その5  蒲原鉄道

側面の工作に移ります。
それぞれのパーツを切り抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

各面5枚ずつありますが、それぞれ順番通りに貼り重ねていきます。接着剤はタミヤセメントです。

クリックすると元のサイズで表示します

裏側下辺に補強と床板固定用の真鍮アングル材(4x4)をゴム系接着剤で貼り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、客ドアです。
2枚重ねで4枚分を抜いていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらもタミヤセメントで貼り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでで車体の基本的なパーツが出来上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここから箱状に組んでいきます。
接着剤はゴム系接着剤を使用し、補強に瞬間接着剤を流し込んでおきます。
前面下側にはアングル材を跨ぐようにt0.5のプラ板を2枚張り合わせた補強板を渡しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

天井にt1のプラ板を補強板として接着してとりあえず形になりました。
ここで、全体にサーフェーサーを軽く吹いておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

基本的な形が出来上がりました。
今日の工作はここまで。次は屋根板を製作します。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ