2016/1/31

新潟交通 モワ51 その11  模型

昨日に続き、床下機器の製作です。
反対側の機器を写真から割り出して、図面に書き起こし、プラ板で製作します。

クリックすると元のサイズで表示します

ウレタン線の配線を加えながらディティールを施し、完成した床下機器がこちら。

クリックすると元のサイズで表示します

ブレーキシリンダーと抵抗器は手持ちのエコーモデル製を使用。
なお、抵抗器は仮止め状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

荷物ドア下の小さなステップもt0.3のプラ板で製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

前面のワイパーは、φ0.2の真鍮線と幅0.3の洋白帯板をハンダ付けして製作。

クリックすると元のサイズで表示します

ワイパーを接着して、未塗装状態での完成となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

小さな車体ながら、凝縮感のある姿となってきました。
次はいよいよ塗装工程にかかります。
3

2016/1/30

新潟交通 モワ51 その10  模型

屋根上パンタ周りができあがりました。
先週、台座のみを固定しましたが、そこにφ0.2の真鍮線で配管を表現。
固定はレボリューションファクトリー製の割りピンを使用しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、床下機器の工作です。
とりあえず、こちらの2個を製作。
材料はt0.5のプラ板です。細かいディティールはt0.2のプラシートを使用しました。
碍子はφ0.4の真鍮線を輪状に加工して接着してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず、床板に固定してみます。

クリックすると元のサイズで表示します

未塗装完成まであと少しです。
1

2016/1/24

新潟交通 モワ51 その9  模型

今週末はあまり時間が取れず、今日少し工作を進めました。
屋根のディティールです。

荷物ドア上の手すりはφ0.3の真鍮線で製作し、根元にt0.2のプラシートで取り付け部を表現してあります。
避雷器への配線は同じくφ0.3の真鍮線。t0.3のプラ板で浮かせ、幅0.3の洋白帯板で止めてあります。
パンタへの母線はφ0.5で避雷器配線と同じように取り付けました。
空気管は台座のみを取り付けた状態となっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

続きは次週末で...
1

2016/1/17

新潟交通 モワ51 その8  模型

先週の続きで屋根周りの配管を行う予定でしたが、ふと排障器の良い製作法を思いついたので、こちらの製作にかかりました。

材料はWAVE製のプラパイプ(外径4mm)です。内径を3mmのドリルでさらい、糸鋸で厚み0.5でスライスします。

クリックすると元のサイズで表示します

これを半分にし、t0.5のプラ板を幅0.5mmに切り出したものを渡してそれらしい形にします。
支柱は1mmのプラ角棒です。

クリックすると元のサイズで表示します

これを床板に接着。補強も入れておきます。
ちなみに、カプラーはIMONカプラーの#106です。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、IMON製のエアーホースをt0.5のプラ板で支えを作って排障器の支柱脇に固定しました。
カプラー解放テコはφ0.3の真鍮線でそれらしく製作。テコ受けはt0.3のプラ板で製作しました。
乗務員ドア下のステップも同じくt0.3のプラ板製です。

クリックすると元のサイズで表示します

エコーモデルのヘッドライトを仮固定し、全体のバランスの確認です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

前面床下が締まってきました。
3

2016/1/11

新潟交通 モワ51 その7  模型

正月明けの3連休最終日にようやく工作できる時間が取れました。
まずは、前面のテールライトの取り付け。パーツはエコーモデルの旧型テールライトを使用。
実車の写真からそれらしい位置に取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、屋根上のパンタ台です。
材料は、t1のプラ板とベースに足はt0.5のプラ板で製作します。
屋根への取り付けはφ0.4の洋白線を介して行います。
製作途中の写真はありませんので、出来上がったものの裏面がこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、避雷器も取り付けます。
パーツはエコーモデル製を使用。屋根からかさ上げして取り付けられていますが、その部材はt0.5とt0.3のプラ板でそれらしく製作。屋根への差込用にφ0.4の洋白線を植え込んであります。

クリックすると元のサイズで表示します

パンタ台と避雷器をそれぞれ屋根板に差し込んでみました。

クリックすると元のサイズで表示します

なんとかそれらしい雰囲気に出来上がりました。
次回は、いよいよパンタ周りのパイピング工作です。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ