2008/8/23

百間町モジュール その4  頸城鉄道

急に涼しくなって、過ごしやすくなりましたね。
工作するにも楽になりました。(^^ゞ

さて、百間町モジュールですが、ボチボチ進めてます。
前回の状態から、フィーダー線を半田付けし、一度走行試験を行いました。
手持ちの車両で各メーカーの車両を走らせ、何とか走行できることを確認。
レールの側面に茶色を塗り、バラストを撒きました。

クリックすると元のサイズで表示します

乾燥を待っている間、田んぼの製作にうつりました。
季節をどうするか決めかねていたのですが、今まで作ったことの無い田植えの季節
にしました。RMライブラリーの表紙の写真がとても雰囲気良く、再現してみたくなったためです。

まず、田んぼの色を水が張られた状態とするため、マホガニーにフラットブラックを少し混ぜ、2倍に薄めて塗りました。
田んぼは初めてのため、まず一角を製作してみました。
0.4mmの透明プラ板を田んぼの形状に合わせて切り抜き、4mm間隔に印をつけた方眼紙に合わせてφ0.8の穴を開けました。

クリックすると元のサイズで表示します

稲はネコじゃらしです。近所で大き目のものを取ってきました。
ほぐしながら一つ一つ手植えです。昔の農家の方の気持ちが良く分かりました。(^^ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず出来上がった一角はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ