2008/9/14

百間町モジュール その10  頸城鉄道

新潟の田植えの頃は4月末から5月初旬だったと記憶してます。
その頃は、すでにソメイヨシノは散って、八重桜の季節です。
春の花として、タンポポの他に何か作りたくて、八重桜を駅脇に植えてみました。
現役の写真を見ても、この場所に桜はありませんでしたが、スペースも空いているので...(^^ゞ
桜の材料は、トミーテックの樹木コレクション「桜」の花部分を使用しました。
ただ、不自然なピンク色のスポンジだったので、明るいピンクで染め直しました。
幹は樹木コレクションの「欅」を使用してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

田んぼの脇には、この地方の風物である「ハサギ」を植えてみました。
これは、いつもの通り、道端で採取した雑草を使用してます。
植えたハサギ越しに蓄音機ガレージをパチリ!

クリックすると元のサイズで表示します

駅の側線の車止めも作ってみました。
材料は、5mm厚のバルサです。薄めたパテを表面に塗り、デッキタンを塗ってあります。
駅名票は、1mmの檜材をベースにパソコンで作成した駅名を貼り付けてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

小物や緑が増えてくると、モジュールが活き活きしてきますね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ