2009/12/13

ピアノと屋台の仕上げ  ストラクチャー

100均で小さな展示ケースを買ってきました。
約50mm角の大きさで、小物を飾るのにちょうどよい大きさとなっています。
この中に、ピアノと屋台をそれぞれシーナリーとして仕上げました。

まず、ピアノの方からです。
クリスマスツリーだけだと、ケースの中で寂しそうでしたので、ピアノライトを作りました。
最初に台座としてプラ棒をドリルレースで成形します。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、ライト部分ですが、こちらは1mmのプラ棒とそれをライターで引き延ばしたものを組み合わせています。

クリックすると元のサイズで表示します

ステー部分も引き延ばしたプラ棒で製作し、台座部分と接着します。

クリックすると元のサイズで表示します

ライト部分を除いて、全体を金色にに塗って完成です。
同じ要領で、フロアライトも作り、ケースの中に配置しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日、学生時代の友人たちとの忘年会が都内であったため、その前にこのキットを購入した「さかつうギャラリー」に行き、見ていいただきました。(この時は、犬がありませんでした)
その場で写真を撮影いていただき、早速ホームページにアップしていただきました。(さかつうさん、ありがとうございました。<(_ _)>)

次に、屋台の仕上げです。
ケースの中のベースとする板に、石膏をといたものを塗り、グレーのバラストを軽く撒きます。

クリックすると元のサイズで表示します

バフをベースカラーとし、陸上自衛隊の茶色で調子を整えていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

一部角にターフとミニネイチャーで草を表現し、屋台を固定していきます。
さかつうギャラリー」で購入したエコーモデルのガスボンベとバケツ、ビールケースを塗装〜ウェザリングを施して、接着します。ついでに、ウッドランドのネコも配置しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

気軽に工作できる小さなシーナリーも楽しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ