2010/3/13

沼尻 ボハ7 その3  沼尻鉄道

車体工作の続きです。

先週箱になった車体にシル・ヘッダーなどを0.5mm幅に切り出したプラ板を貼っていきます。車体隅の補強板はt0.14のプラシートです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

次に、床板を製作します。
t0.5プラ板をベースに端梁として、t1.2のプラ板を貼り付けます。
中央の補強梁は、t0.5です。クイーンポストとして、1×2×1のチャンネル材を付けました。
先週の横浜うどん会の時に、カワイさんからほぼスケールの小さな台車をいただきました。
その台車をつけるため、ボルスターは高めになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の作業はここまでで終了〜。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ