2011/2/19

蒲原ED1ショーティー その4  蒲原鉄道

なかなか工作のペースが上がりません。(^^ゞ

まず、ボンネットの点検扉のルーバーを付けました。
材料は、t0.14のプラシートを幅0.3mmほどに切り、長さ2mmに切断。
一つずつ接着していきました。合計84個もつけると、ぐったりです。

クリックすると元のサイズで表示します

次に、スノープローを作ってみました。
今回は、モジュールのコンセプトは春ですが、まだ冬支度から変更されていないという設定としました。それに、大型のスノープロ-を付けたカマを作ってみたかったということもあります。

こちらの材料は、t0.5のプラ板です。ドライバーの柄に巻きつけてカーブを作り、適当にカットしました。特に、設計図を作らず、現物合わせで適当に作ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

カプラー部分に付けられるようにしましたので、試しに車体に付けてみます。
こんな感じになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

サイドから見ると、こんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、明日は不足している部品を仕入れてこないと、先に進めないな...
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ