2011/6/19

フォトブックとTMS  模型

昨日は学生時代の友人たちと上越線へ撮影に行ってきました。
目的は、先日復活したばかりのC61。ヘッドマークなしの姿で、旧客を牽くという現役時代をほうふつとさせる姿となれば、行かざるを得ません。(^^ゞ
成果は、すでに本館ギャラリーで公開していますので、良かったらご笑覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影から帰宅すると、嬉しいことが二つありました。

まず、一つ目は先日頼んでいたフォトブックが届いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

L版サイズの小さなフォトブック(Photoback)です。
左にあるiPhone4ですべて撮影から加工、編集、発注まで行ったものです。
(表示している画面は、発注したフォトブックのプレビュー画面です)
もともとInstagram用に画素数を小さく(約50万画素)としていたため、印刷した後の画質がどうなるか心配していましたが、期待していた通りの仕上がりで大満足。もちろん、画素数が少ないので、その分解像感やディティールは犠牲になっていますが、被写体の雰囲気や時代を感じさせる空気感が表現できたのではないかと思っています。

二つ目は、TMS最新号(2011年7月号)です。

クリックすると元のサイズで表示します

これはまったくの想定外でサプライズとなりました。
昨年、レイアウトコンペに努力賞をいただいたものです。
まさか、記事にしてくれるとは思っていなかったので、開封する時はTMSコンペの車両製作記事かと思っていました。
写真も応募のものをそのまま使用してくれていました。
実は、撮影した機材は、キヤノンPowershotG10でした。デジ一でも撮影したのですが、模型では被写界深度が稼げるコンデジの方が相性良いと感じました。ライティングも部屋の蛍光灯のみという良い加減な撮り方でしたが、きちんと印刷になっていたことも驚きでした。製作記事としては、初めてのTMS掲載。良い記念になるとともに、励みにもなります!(^O^)/
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ