2011/7/24

ダブルルーフの電車 その4  模型

今週はのんびりと工作三昧でした。

まずは、ポールの製作です。
滑車の部分をエンドウ製の碍子をスライスしたものを使用しましたが、それ以外は真鍮線とプラ板から製作しました。ばねはKD用のばねを一度伸ばし、φ0.7の真鍮線で巻きなおしたものを使用しています。

クリックすると元のサイズで表示します

ポールのフックは、φ0.4と0.3の真鍮線を曲げて、1mmの真鍮帯板に半田付けしたものです。

クリックすると元のサイズで表示します

床下機器はエコーモデル製を適当に並べて、接着しました。
ただし、そのままだと機器の背が高いので、台座部分を切断したりして低くしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

車体の裾にトラス棒をつけました。キットのおまけパーツとφ0.4の真鍮線、プラ製のターンバックルをそれらしく付けました。

クリックすると元のサイズで表示します

この状態でほぼ生地完成となったので、屋根と床下を塗装しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屋根と車体を組み合わせてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

残るは車体の塗装とDCC化となりました。
来週には完成するかな...?
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ