2011/11/11

パイク収納箱  ストラクチャー

2ヶ月ほど前に完成させた「工具箱パイク」にキチンとした収納箱を作ってあげようと思います。
当初は、ゆる〜いパイクということで百均のケースに入れていましたが、やはり見た目がイマイチ。
せっかくなので、ここで走らせる車両も一緒に持ち運びできるように車両収納スペースも設けます。
フリーハンドで簡単な図面をひき、近所のホームセンターで材料となるベニヤ(t5.5)とアガチス材(t3)を仕入れてきました。
工作途中の写真は撮っていませんが、仕上げのニスを塗る直前の状態がこちらです。
まず、正面側から...

クリックすると元のサイズで表示します

裏側はこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

蓋と引き出しを開けるとこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

引き出し内には、アガチス材で仕切りを作ってあります。この仕切りは取り外し可能なようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

パイクへの給電部分は、φ0.8の真鍮線をコ字に曲げた物を背板を貫通させて固定してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

内側からの写真です。貫通させた真鍮線にTOMIXのフィーダー線を半田付けしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

パイクへの結線状態です。これなら、簡単に取り外すことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これで安心してパイクや車両の持ち運びができますし、自宅でも気軽に運転を楽しめます!
ちなみに、収納箱表面は透明ニスを塗って仕上げました。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ