2011/11/23

花巻 デハ1 ショーティー その4  花巻電鉄

今日は、まずポールの製作から。
いつもの通り、プラパイプとプラ板でベース部分を作り、φ0.4の真鍮線でポール部分を製作しました。
滑車も今回はすべてプラ板とプラ棒から製作。意外とシャープな感じに仕上がりました。
ちなみに、ランボードはベース部分のみ接着してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

前面のヘッドライトは、プラ材のバーニアを使用しました。
プラ棒の引き延ばし材やプラ板を細く切った物を貼ってディティールを追加してあります。
レンズは、塗装後に装着するので、この状態では付けていません。

クリックすると元のサイズで表示します

側面の手すりはφ0.3の真鍮線。中央のサボ掛けはプラ棒の引き延ばし材を貼って表現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでで生地完成とします。次は、いよいよ塗装にかかります。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ