2012/1/15

クモハ12053 その10  旧型国電

昨日と今日は、のんびりと工作をしていましたが、屋根上の配管に手間取り、進捗があまりなかったため、昨日の更新はいたしませんでした。

まず、母線はφ0.7真鍮線、空気作用管はφ0.3真鍮線をそれぞれ焼き鈍し形を見ながら成形していきます。
屋根上には、t0.5のプラ板を敷いて、その上に瞬間接着剤で固定しました。さらに、0.5mm幅の真鍮帯板を焼き鈍して成形してものを接着して配管押さえを表現してあります。
パンタの鉤外しは、φ0.3とφ0.2の真鍮線をベースにt1プラ板とt0.3プラ板でそれらしく作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これでほぼ上回りの工作は終了しましたので、ここからは下回りの工作に移ります。
妻板下の床下ですが、t1プラ板をベースにt1.5のプラ板でカプラーのベースとしました。カプラー左右にt1プラ板を接着し、ジャンパー線受けと胴受けも接着しました。
カプラーは、エンドウ製の密連です。後端がこれから加工する台車の端梁と干渉するので、ギリギリまで切断し、短くしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまでで今週の工作は終了としました。とりあえず、この状態の姿はこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

来週末は、いよいよ床下機器の取り付けです。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ