2012/2/5

クモハ12053 その14  旧型国電

ディティールにこだわって床下の配管をやっていると、進み方が遅いのですが、ようやくゴールが見えてきました。

ブレーキシリンダーへの配管を行いました。
締切コックおよび渦巻きちりとりは、エコーモデル製を使用。
φ0.4の真鍮線にハンダ付けした後、所定の形に曲げて行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

空気配管は、φ0.4の真鍮線を幅0.5mm真鍮帯板にハンダ付けし、床板に差し込んで接着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

パワートラックの無い台車にダミーモーターや端梁、排障器もつけました。
ダミーモーターは、t1のプラ板で製作。端梁も同じくt1プラ板です。1x2x1のプラチャンネル材を介して台車に接着する予定です。(現状は仮止め)排障器は、0.7mm角の真鍮角棒と幅1mmの真鍮帯板で製作してあります。

クリックすると元のサイズで表示します

残るはパワートラックへの追加工と運転台下の配管です。今月中には、未塗装完成状態までいきそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ