2014/6/22

別府鉄道ハフ6 その9  模型

昨日の続きです。
まずは台車の取付け板です。材料はt1のプラ板を台車枠に接着。補強も入れています。

クリックすると元のサイズで表示します

床板に台車の取り付け用ネジ穴を開けてネジ止めします。
床下が寂しいので、簡単な台枠を1x2x1のプラチャンネルと1x1プラ角棒でそれらしく組んでみました。

クリックすると元のサイズで表示します

エアーホースはIMON製でt0.5のプラ板から取付台を製作して接着してあります。
また、カプラーの開放テコもt0.5のプラ板とφ0.3の真鍮線で製作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ドア下のステップはt0.3のプラ板を幅1mmに切り出して製作してあります。
根元に小さな補強を付けていますので、意外としっかりしてます。

クリックすると元のサイズで表示します

下回りに車体を乗せてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

反対側の前面付近です。

クリックすると元のサイズで表示します

下回りはこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

あとはブレーキ関係を付けて、生地完成となりそうです。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ