2015/5/9

別府鉄道 キハ2 その4  模型

GW中、続きの工作をしようかと机に向かったのですが、肝心な材料が手元になく断念。
結局、1日も工作することなく、終わってしまいました。
休明けに部材を調達して、再開しました。

足らなかった部材は4x4のアングル材。
これを車体の長さに合わせてカットし、ゴム系接着剤で接着しました。

クリックすると元のサイズで表示します

接着剤が固まるまでの間、ドアにサーフェーサーを吹いて、下地処理しておきます。
全体を#2000のペーパーで軽く整えます。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ箱に組んでいきます。
全面をコ字に曲げて、側面にタミヤセメントを使って接着します。
全面裏側とアングル材とをつなぐ補強を入れ、天井部分にt1のプラ板で補強しました。
しっかりとしたところで、#2000のペーパーを軽くあて、手すりの穴を再度開け直し、ドアを接着してから全体にサーフェーサーを吹いて仕上げました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の工作はここまで...
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ