2015/5/31

別府鉄道 キハ2 その7  模型

荷台の工作です。

材料は、φ0.3の燐青銅線、幅0.7及び0.5の真鍮帯板です。
プラ板で製作した荷台床板の穴とペーパーシートの図面を利用して燐青銅線を差し込み、帯板をマスキングテープで仮止めして一本ずつ半田付けしていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

半田付けが終わるとこんな感じになります。

クリックすると元のサイズで表示します

これに床板を瞬間接着剤で固定します。
はみ出した燐青銅線はカットし、ペーパーでフラットに仕上げておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

裏打ちのプラ板t1及びt0.5を貼り付け、補強しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します

この状態で車体と合わせてみます。

クリックすると元のサイズで表示します

若干高さが合っていませんし歪みもありますが、まあ地方私鉄の古い車両っぽくって味が出たのではと思ってます。笑
次回から、台車周りの工作にかかります。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ